佐藤葬祭

葬儀告別式でのあいさつ(出棺)

葬儀挨拶

喪主さんが一番困るところその一つが出棺のときの挨拶でしょう。「何でもいいですよ、お好きで‥」といわれても困ってしまうので、僕はいつも決まりきった文句の書いてある紙を一枚、渡して「どうぞ参考にしてください。」と伝えている。

皆さんも、会葬して「今日の挨拶はなかなかだな」とか「何かいまいちだったなあ」と思うことがあるかもしれません。

しかし喪主の人はそれどころではありません、「間違えないだろうか」「挨拶なんてしたことがない」「だれか代わってくれないか」といろいろ思うものです。しかし結局は「俺(私)がやるしかないよなあ」と覚悟を決めるものです。

まあそんなに大変だとは皆さん思わないでくださいね。だってあなかが出たお葬式の挨拶、どれだけ覚えていますか?あまり覚えていないんじゃないかな‥

お葬式の挨拶には外せない条件が幾つかあって、それさえ守ればそんなに難しくはないと思います(思いますっていうのは、僕が挨拶をしたことがないのでちょっと無責任かなと思いつつ)そのポイントをご説明します。

 

出棺の挨拶のポイント
葬儀挨拶長くなりすぎないこと
長くとも三分ぐらいに、まとめる。延々と喋っても、ポイントを話してなければ意味がありませんからね。
会葬者へのお礼
まずは、葬儀に参列してくれたことへのお礼。礼儀正しくお礼から入りましょう。
決り文句 「本日はお忙しい中、故人○○のためお集まりいただきまことにありがとうございます。」
故人と生前お付き合いの会ったことへの感謝。
亡くなった人と生前お付き合いいただいたことへお礼を述べる。
決り文句 「生前中は皆様にご厚誼(こうぎ)を頂戴し、まことにありがとうございます。」
故人になり代わりお礼
なくなってしまった人はお礼を言えません。代わりにお礼の言葉を述べます。
決り文句 「暖かなお見送りお受け故人もさぞ喜んでいることだと思います。故人になり代わり皆様に御礼申し上げます。」
故人がなくなっても残された遺族へ同じようにお付き合いをと言うお願い
お付き合いは私たちが引き継ぎますので、暖かく見守ってくださいと言うお願いをします。
決り文句 「なお故人亡き後も残された遺族に、生前中と変わらぬお付き合いを願いますようよろしくお願い申し上げます。」
しめ
これで挨拶を終わりますと宣言します
決り文句 「簡単ではございますが、これをもちましてお礼の挨拶に変えさせていただきます。本日は大変ありがとうございます。」
このほかに、「故人になり代わりお礼」と「遺族へ同じようにお付き合いをと言うお願い」の間に紹介や病状の経過をはさんだりします。これは必要条件ではないので、どちらでも構いません。例を次にあげておきます。
病状の経過
「昨年末より心臓が不安定と言うことで入院しておりましたが、二月には病状がいったん安定し、家に帰ってきておりました。元気とはいえませんでしたが家族の顔見ていると、安心するのか。病院にいたころより笑顔が増えるようになっていました。夏を過ぎて暑さがこたえたのか秋頃にはまた病状が不安定となり先日、82歳でなくなりました。」
故人の紹介
「父 葬次郎は優しい人柄で、特に孫たちには優しく。手先が器用で孫たちには凧やこまのまわし方を教えて嬉しそうな顔していました。僕達が子供の頃は生活はあまり豊ではありませんでしたがまじめに働き。兄弟三人を母とともに立派に育ててくれました。苦労は多かったでしょうが、持ち前のまじめさと明るさで朴達を勇気付けてくれました。元気がとりえと自分でよく言っていましたが、歳には勝てなかったのでしょうか先日家族が見守る中息を引き取りました。」

いかがでしたでしょうか、出棺のときの挨拶はこのような感じです

挨拶のときこんなことが困るあんなことが困ると言うご意見お待ちしています

そして決り文句はちょっと堅い言い回しなのでご自分でわかる言葉に直にして頂いてかまいませんよ。
トップページへ戻る