御香典返しって?

お香典とは

御香典

葬儀に関して本当によく聞く言葉ですが、まず「お香典」とはなんでしょう?お香典とは、「葬儀もあるだろうしなにかともの入りでしょう、どうぞ亡くなった人のために使ってあげてください」と言う気持ちを込めた贈り物です。

言葉の起源としては、「お香」を供えるというところから来たようです。その通りもともとはお香や物だったのですが、これがいつしかお金に変りました。

また、地域の共同体として見た場合は、相互扶助的な側面があるようです。期間を定めない、証文もないローンのようなものかと思えばよいでしょう(笑)

お香典返しの意味

さて、心遣いとしてのお香典を頂いたので、そのお礼として何か感謝の気持ちを表現しようというのが「お香典返し」です。
一般的には、35日や49日納骨などに併せて、礼状と一緒にお送りするような形がとられています。
金額の目安はいただいたお香典の2分の1から3分の1と言われていますが、これも気持ちのものなので一般の風習に捉われる必要はありません。

お香典の金額が多い人については、「上切り」といって、例えば「2万円以上は同じお返し」にしてもいいですし、上限を超える金額については金額相応でなくてもかまいません。包んでいる人もお返しが欲しくて包んでいるわけではありませんので、強いて香典返しで返さなくとも、それ以降のお付き合いで返すよう心がけるほうがよいのではないでしょうか。

お香典返しをする日はいつ?

49日を目安と言っても、49日には相手のところに到着するように発送するのか、49日を持って発送するのかと細かいところで悩んでしまいますが
一緒に入れるお手紙の文面には通常「喪に服すのはとりあえず一段落しました」という意味の言葉が入っているものですので
49日をもって発送するのが正しいのではないかと思います。遅くなっても腹を立てる人というのはいないでしょう。少し早くなったとしてもそれは同じです。
(神道では50日祭を目安とし、キリストでは1ヶ月などの追悼ミサなどに合わせます。)

発送する商品と送り先は10日前には決めておきたいものです。なるべく早めにお香典返しリストの整理をしましょう。デパートやギフト屋さんに依頼することもできます。サービスとして無料で行ってくれるところもあります。

礼状

礼状は、ギフト屋さんが無料で作成してくれることが多いのですが、もしご自身で作りたい場合には例文を参考に作成しましょう。もし余裕があれば、特別お世話になった人に手書きの文面を添えるのもよいのではないでしょうか。とても心がこもっているように感じられます。

香典返しの品物選び
香典返しの品物は、選ぶ基準もさまざまですが、僕としては、長く残らないものや無くなってしまうものがいいかと思います。
残る品物は相手の趣味に合う合わないという問題も出てきてしまいますので、お茶や海苔、その他の食べ物などがよいでしょう。
最近では好きなものを選んでいただくカタログギフトなども多いです。

お香典返しの手順

香典帳の整理します
ご自分でパソコンを使ってリストアップしてもいいですし、ノートなどにまとめてもいいでしょう。
任せられる業者にお願いしてもいいのですが、どれくらいかかるのか時間を確認したほうがよいでしょう。一週間程度かかる可能性があります。

品物を選ぶ・手配書の記入

お名前、金額、届け先、商品などを記入します。これは手書きですと結構大変です。住所に間違いがないようチェックするのも忘れずに。

礼状の作成

オリジナルで作る人はご自身のオリジナルで、そうでないひとは雛型にそって書けば簡単です。
業者さんを通さない方は、印刷所に費用の相談をしましょう。(なかなかの費用がかかる場合が多いようです。)

商品の発送・完了報告

宅急便など配送します。

ひとつひとつを自分でやるとなるとかなり煩雑な作業になります。しかし、自由にできるというメリットもありますし、
他にお願いしない分費用が浮きますので、予算の割に良い商品が選べると思います。ご自身の好きなほうを選んでください。