喪中ハガキ

はがき

喪中はがきについての質問は、この時期にたくさんいただきます。今回は喪中のご案内についてお話ししたいと思います。

●喪中はがきを出す

例年年賀状をいただている相手に、自分の身内で1年以内に不幸があったことをお伝えし、「喪中なので、年賀状は出せなくて申し訳ない」とお詫びするものとして喪中はがきを出します。
相手が年賀状を書き始める前にお知らせできるよう、だいたい12月上旬までに先方に届くように手配するようにしましょう。
喪中はがきというものにもいくつかの考え方があり
どんなものが最も正しいのかを一概に説明することはできませんが

基本的には、喪中はがきも相手に出す「お手紙」のひとつなのです。
ですから、普通の手紙と同じで絶対的なルールがあるわけではないのです。
「手紙」を通じてこちらの伝えたいことが伝わること、それが最も大切なことなのです。
喪中はがきで伝えるべきことというのは

「私のうちは、今年喪中ですので例年のようにお祝いをしません。
ですから、年賀のご挨拶も控えることになりますが、どうぞお許しください。」

ということです。

●どの範囲の身内が亡くなったら、喪中はがきを出すべきものなの?

これも多くの方々が疑問に思うことで、質問もたくさんいただきます。

本来はこれも気持ちの問題なのです。

ご自身に年賀をお祝いする気持ちが持てないようでしたら、喪中はがきを出してお知らせすればよいでしょう。

今は亡き僕の父は、大のプロレスファンでした。
そして特にアンドレ・ザ・ジャイアントというレスラーが大好きで
アンドレが亡くなった時には一日中落ち込んでいました。
それがまさに「喪中」という気持ちでしょう。

もちろんはがきを出したわけではないのですが(笑)

どうしても何かしらの目安が欲しいと思う方もいらっしゃると思いますので

下に目安表を準備しました。
※喪中の目安表
亡くなった人を自分から見て・・・

父/母/子供/兄弟/姉妹/義理の父/義理の母・・・喪中とするのが一般的です
祖父/祖母/義理の兄弟/義理の姉妹・・・人によりますので、ご自身で判断してください
おじ/おば/ひいじいちゃん/ひいばあちゃん/いとこ・・・喪中にしないのが一般的です

あくまでも目安として考えてください。例えば小さい頃から兄弟同然に育ったいとこが亡くなったら、やはり気持ちとしても喪中になるでしょう。亡くなった時に何も縁が無ければ、極論父・母であっても喪中ではないということになります。

●文例について

お香典返しなどをデパートやギフト屋さんで発注すると、喪中はがきも無料で作成してくれるサービスがある場合もあります。
しかし、そのようなサービスを利用せずご自身で作る場合などに
参考にできる文例をご紹介致します。
喪中はがき文例集

例文1、亡くなった人の名前・続き柄入り 例文2、亡くなった人の情報記載なし
はがき はがき
例文3、手紙っぽい文例 例文4、一年に二人亡くなった場合
はがき はがき

 

 

※続き柄一覧(わかりにくい関係を一覧にまとめました。参考にしてください。

配偶者の祖父、祖母・・・義祖母、義祖父
両親の兄・両親の姉の夫・・・伯父
配偶者の祖祖父、祖祖母・・・義祖祖母、義祖祖父
両親の姉・両親の兄の妻・・・伯母
両親の妹・両親の弟の妻・・・叔母
両親の弟・両親の妹の夫・・・叔父

 

●喪中はがきをもらったら
喪中はがきをいただいたら、基本的にはいただいたままでよいのですが、もしお返事を書きたいという方は

季節のご挨拶として「寒中見舞い」を出せばよいと思います。

文例:寒中見舞い

はがき

Q、今年、同居していない私の祖母がなくなりました。
私は喪中だと思いますが、そうなると私の妻や子供まで喪中になり年賀状は出せなくなってしまうのでしょうか。 判断に困っています。

昔は一族が一つの家にまとまって住むことが一般的で、
喪中も「家」の単位で考えられていたものでした。
しかし、現在は核家族的に居住していますし、
喪中を個人で捉えるというのも時代の流れとして当然かと思います。

ご相談者さまは亡くなった方と同居していなかったということですし
奥さんやお子さん(ひ孫は)喪中でなくても構わないのではないでしょうか。
Q、いつも年賀の挨拶はメールで行っているのですが、喪中のご案内をメールで行うことは避けるべきでしょうか?

喪中はがきのような儀礼的なことをメールで済ませることについては、
親戚や社会的な地位のある人にはあまり好ましく思われないかもしれません。

基本的にははがきを用いるのが丁寧な対応だと考えられます。

もちろん、気の知れた友人には、メールでも構わないでしょう。
やはりきちんとした形をとるのなら喪中はがきを送るべきかと思います。
Q、葬儀に来て頂いた方にも改めて年賀欠礼状をだすべきですか?

喪中はがきは死亡通知とは異なります。あくまで年賀のご挨拶について、できなくて申し訳ないとご挨拶するためのものです。
葬儀に来ていて亡くなったことを知っている人にも送るほうが適切だと思います。

Q、今年は身内で二人が相次いで亡くなりました、どのように書けばいいですか?

連名で書いても差し支えないと思います。

父○○が ○月に○○歳にて永眠いたしました
母○○が ○月に○○歳にて永眠いたしました
二人亡くなることもあることです。連名で書いても結構です。

Q、実は、平成16年12月31日に父が亡くなりました。
平成18年元旦の年賀はがきは出すべきなのでしょうか?
それとも喪中はがきを年内に出すべきなのでしょうか?
一般的に喪中は12ヶ月と言われておりますのでそれから判断すると喪中はがきはふさわしくないとは思うのですが、どうかご回答お願い致します。

原則12ヶ月と考えます。
年賀状は元旦に届きますから、平成18年の年賀状は通年どおりでよいと思います。

年賀状を出した後に、身内の人が亡くなってしまった場合
12月、1月の出来事なら寒中見舞い、もしくは死亡通知で
対応したほうがよいと私は思います。

Q、昨年、義母(妻の母)が亡くなりました。
夫婦連名で喪中はがきを出そうと考えていますが、自分にとっては「義母」、妻にとっては「母」になります。この場合、続柄はどのように書けばよいのでしょうか。または、自分と妻それぞれで喪中はがきを作成すべきなのでしょうか。ご教示いただければ幸いです。

夫婦連名で書く場合は、旦那さんのほうの続柄に合わせるようにします。

ただ、この場合名前だけですと、どちらの母親かがわからなくなってしまいますので
故人の名前をフルネームで記載する場合が多くなっています。

Q、インターネットで検索していてこちらのサイトを見つけ、質問させていただくことにしました。
喪中のはがきの文を考えようと思っているのですが、夫婦連名で差し出す場合には、どのように書くべきでしょうか。妻の母が亡くなりましたので、私から見れば義母ということになります。
私の実母は健在です。

○○月に {続柄] 「名前」が○○才 にて

にあてはめるとすると、どう表現すればいいのでしょうか?
夫婦連名の場合は、夫の立場から見た続き柄で記載します。

例:10月に義母 太田秀子が・・・・・・・・・

佐藤太郎
花子

となります。故人の苗字まで入れるようにすれば、妻の母ということがわかりますので
このように表現することが多くなっていますね。
Q,今年喪中ですが、喪中はがきを貰ったところにも喪中はがきを出すものでしょうか。

お手紙を貰ったところには出すほうがよいと僕は思います。

Q、今年1月に結婚しました。 そして、11月に主人の父方祖母が亡くなりました。(同居はしていません)主人は知人に喪中のはがきを出す予定でいます。
私は実家の親戚に喪中はがきを出すべきでしょうか。両親と迷っています。
というのも、結婚した年早々に喪中はがきでのご挨拶になるのが失礼に当たらないかとの心配をしているからです。やはり、主人に従い、初めての年賀状ではなく、喪中はがきでよいものでしょうか?
姻族(結婚した相手側の親戚)の不幸があった場合、もし亡くなった方と同居していなければ、喪中はがきを出すかどうかは本人の判断次第ということになります。

簡単にいうと、旦那さんのおばあちゃんがなくなった場合には
喪中ハガキは出しても出さなくてもどちらでもよいということになります。

最後に決めるのはご自分ですので、
一番納得できる形になるよう、旦那さんともよく相談してください。

Q、私の父が亡くなりました。喪中はがきを送る予定です。
私や弟、母の友人、毎年年賀状をやりとりしている方々にはもちろん送るつもりでいるのですが、父本人の友人やお世話になった方には送らなくてもいいのでしょうか。
中には父が亡くなったことを知らず普段通り年賀状を送る方がいらっしゃるかもしれないと思うのです。
故人が年賀状をいただいていた人には
死亡通知の意味合いも含め、喪中はがきを出したほうがよいと思います。

亡くなった方宛にずっと年賀状が届くのは、貰う方も出す方も
あまりいい気持ちがしないものでしょうから、きちんとお知らせするべきでしょう。

参考にしていただければと思います。

Q、今年、私の祖母が亡くなりました。私の父は8年前に他界しておりましたので、息子である私が喪主を務めました。
そこで、喪中はがきに対する質問があります。
この場合 当然私は喪中はがきを出す事になると思うのですが、妻は友達にも年賀が出せないものなのでしょうか。
また、子供達(ひ孫にあたる)も年賀が出せないのか、教えていただければと思います。

祖母の場合は、奥さん、子供は年賀状を出して構わないと僕は思います。
Q、喪中はがきは、親類にも出すべきものでしょうか?
親族は葬儀にも列席して頂いているので知っていると思うのですが、どうでしょうか?

喪中はがきは、あくまで「年賀欠礼」をお詫びするご挨拶です。
葬儀に参列に関わらず出すのがマナーだと思います。

Q、今年の5月に会長が亡くなり、喪中はがきの文例を探しています。 そこで会社名で取引先等に出す喪中はがきの文例を探しているのですが見当たりません。
そもそも会社名で出さないものなのでしょうか。

さほど大きな会社でもないので、年賀状の代わりに出したいと思っています。
教えていただけないでしょうか。

法人というは法律上のきめごとですので、法人には喪中がないのです。
それでも喪中はがきを出す場合は、会社名を入れて代表者名で
喪中はがきを作成するとよいと思います。

Q、私の祖母が今年亡くなり、今年は喪中となりました。
しかし、当初の予定では下の娘が今年七五三でしたので、年賀状には娘の七五三の
写真を入れて送ろうかと考えていたのです。
どうしたらいいか困っています。

喪中はがきは喪中はがきとして別で送りましょう。
娘さんの七五三の写真は、普通のお手紙として
別に送ったほうがいいと思います。
Q、喪中はがきを送る予定なのですが
年末に引越しを予定しており、住所が変わります。
この場合にはどうすればよいのでしょうか。なにかよい手はあるでしょうか?
最後の差出人のところに
1月よりこちらに引越ししました
東京都世田谷区北沢5-34-14
佐藤信顕

と、新しい住所を書くようにすればよいと思います。

Q、喪中はがきを夫婦連名で作ろうと思うのですが、
私から見たら義母ですが、妻から見た場合は母(実母)になります。
続き柄はどちらで書けばいいでしょうか?
連名で書く場合は、旦那さんを先に(右に)書き、
旦那さんから見た続柄で書くのが儀礼的に正当な方法です。
亡くなった人の名前をフルネームで書けば、喪中はがきを受け取った人も
どちらの親が亡くなったのかがわかると思います。