四十九日お香典相場

御香典

四十九日に関する情報は、インターネット上にも非常にたくさんあります。検索すればいくらでも四十九日に関するサイトを見つけだせます。
しかし・・・それほどたくさんのサイトがあるにも関わらず
僕のところには殆ど毎日、
「四十九日には一体いくら包むべきなのでしょうか?」
という質問のメールが届くのです。あまりにも沢山来るので、大きく書いて強調したくなりました。

僕はこの質問にきちんと答えたいと思い、可能な限り調べることにしました。
ネットで検索し、図書館で調べ、本屋さんでこれに関する本を探し、知り合いの葬儀屋さんにも尋ね、知り合いのお坊さんにも聞きました。そして、東京都のデータ、国のデータなど、統計のようなものがないかとさまざまな方向から調べてみたのです。
しかし、やはり見つからない。数字があっても、それを裏づけるようなデータは無いのです。
僕こそ、知っている方がいたら聞きたいと思ってしまいました。そうすればみなさんにもお伝えできますからね。
正直、困り果ててしまいました。
しかし、それでは何のお役にも立てないまま終わってしまいますので、何らかの方法を考えなくてはなりません。
そこで、僕が葬儀の香典相場を考えるときに使った、逆算方法で考えてみることにしましょう。

まず四十九日の際、主催する側のことを考えます。一人あたりのお客さんに対する経費というのがどのくらいかかるのかを計算してみましょう。

かかる費用を項目別に整理していきます。

49日法要のときの一人あたり接待単価(予測

1、食事代 一般的には懐石弁当です。

4,000円から10,000円と幅が広くなりますが
その平均を予測値として、7000円としてみましょう。
¥4,000?¥6,000
4、飲み物代 これについても、よく飲む人たちとあまり飲まない人たちとで差がついてしまうとは思いますが、だいたい700円から1000円ぐらいとしましょう。予測値はまた平均を取って800円とします。
余談ですが、佐藤家は下戸ばかりなので、もし親族ばかり30人ほど集まったとしても
ビール2本程度しか出ないのではないでしょうか。考えてみれば大変リーズナブルな一族です。
¥700?¥1,000
3、御返し物代 四十九日の法要ではお香典を頂きます。そのお返しとして
お土産を用意します。1家族1個用意するのが一般的です。
お菓子の詰め合わせなどがよく選ばれると思います。
これについてはかなりあてずっぽうになってしまうのですが、2,000円から5,000円程度と見込んでみましょう。
¥2,000?¥5,000
合計 ¥6,700?¥12,000

上記のように項目別に予測を立て、一人当たりの接待費用単価を算出してみました。
お分かりの通り予測した平均値などを使っていますので、家や土地柄により違いがあることをご承知ください。

料理にかける金額を決めるのも、返礼品にかける金額を決めるのも、その人の価値観です。価値観に基づくものを予測するのは例え「だいたい」であっても難しいものです。
その他、塔婆(供養のためお墓に立てる、字を書いた板)などの依頼もありますが、それについては個人的に決めていただければと思います。近しい親族の場合は出す場合が多いと考えられます。金額は一本3,000円から5,000円程度となります。
以上から金額を導き出してみますと、

四十九日に出席し、出席する方に負担をかけない目安としては、10,000円程度
であるという結論に至りました。

もちろん、お食事をなくしたり、お返し物をなくしたりすれば費用はもっと減りますが
一般的なやりかたをするならば、この程度であるという目安です。
どうぞ参考にしてください。

さて、主催側にかかる費用は接待費以外にもいろいろとあります。これで全てではないのです。

納骨する費用、連絡の葉書代、お布施、移動手段が必要な場合は交通費なども
主宰者側は負担しなければなりません。

もし、あなたが主催者と近しい親族で、四十九日の法要の費用を少しでも軽くしてあげたいと思うのであれば、お香典は上の金額より多めに包んであげればよいでしょう。

要するに、これは本当に気持ちの問題なのです。気持ちをそのまま金額にすることはできませんが、気持ちを表せるような金額を包むことはできます。相手もわかってくれるでしょう。

自分の気持ちと、そしてもちろん懐具合ともよく相談していただいて導きだせばよいのだと思います。

それからもうひとつ、四十九日に出席せずお香典だけ送りたいという方もいらっしゃると思いますが、その場合にはあなたに接待経費がかからないことになります。そうなれば包む金額は自由ですし、お金に限らずお花やお菓子、お線香などを送ってもよいでしょう。

まとめ

四十九日のお香典は
1万円を基準として、近しさや気持ち、家柄なども考慮した分を分上乗せする・・・ということになりました。

ご参考になりましたでしょうか?

お香典の金額についても、地域差、個人差、ご事情により金額に開きはあります。その個々の場合における金額はやはり限定しづらく、佐藤葬祭で「責任」を取ることができません。申し訳ありませんが、これが今のところ精一杯です。

また、四十九日の主催者側からは、納骨費用やお布施に関してもご質問をいただくことがあります。

納骨費用はお願いする予定のお墓の石屋さん、お布施の金額はご住職に直接お尋ねください。それが一番間違いのない答えをいただけると思います。

尋ねる前に相場を知りたいという方もいらっしゃると思いますが、僕が納骨費用や四十九日のお布施について何度も質問されお答えしてきた経験から、やはりそれが一番シンプルに正しい答えを手に入れる方法であると考えます。