49日法要

弔電

49日とは

日本仏教的習俗の考えでは、亡くなった後人間は三途の川を渡り、そこから長い旅を始めます。そのため、お葬式の時につける装束を「旅装束」と呼びます。旅は7日を一つの単位とし、7回繰り返されます。その度に故人はお裁きと教えを受ける事になります。

7回の旅の最後には、閻魔(えんま)様によって生前の行いを裁かれる審判があるとされています。判決が下されるのが49日目です。審判を受け終わった故人の魂は、やっと仏様の世界に辿り着くことができるのです。49日を終えると遺族も「忌明け(きあけ)」となります。亡くなった方が仏様に世界(極楽浄土)入り、遺族も安心して日常生活に戻ることができるというわけです。

遺族は忌明けの前に、最後の締めとして、親戚や故人と親しかった友人・知人らを集め、故人の功徳が報われて極楽往生できるようにと祈る法要を行います。
これが49日の法要の大まかな意味なのです。

必要なもの
白木の位牌と黒塗り位牌

果物、写真など

お寺や自宅、霊園施設などで営みます。

その際納骨をする場合
納骨を行う場合には、以下の物も必要になります。

遺骨、埋葬許可証(普通骨壷と一緒に入っています)、石屋さんの手配

会食をあわせてする場合
会食会場の手配、お土産(お返し物)、会食会場への移動手段の確保なども必要になります。

お寺さん、石屋さんと早めに日程を調整するようにしましょう。