49日法要マニュアル

はがき

■「四十九日」とは
お葬儀の後、最初の大きな法事が「四十九日」の法要となります。

特にこの「四十九日」というのは仏教において重要視されています。何故なら、仏教では死者はこの日に閻魔大王に最後の審判を受け、極楽往生できるか地獄へ落ちるかが決まるとされているからです。

亡くなってから四十九日までの間、霊はあの世でもなくこの世でもない世界に漂っています。四十九日目にようやく行き先が決まると考えられているのです。

考え方としてはこのように難しくなりますが、

実際行うこととしては一般的に「納骨」であり、これが最初の法事となるわけなのです。
さて、それでは四十九日の準備について、順を追ってご説明しましょう。

■四十九日の法要の手順
これを印刷してチェックを入れながら行うと漏れがなくきちんと準備できて便利です。
では始めましょう。

■四十九日の法要の準備

□場所の決定
法要は通常、自宅か菩提寺で行います。どちらで行うのかはよく考えて決めましょう。
一般的には、菩提寺にお墓がある人はお寺で、霊園にお墓がある人は、霊園か自宅で行います。 まだお墓が決まっていないという方は、自宅かお寺でということになるでしょう。

□日程などの決定
四十九日目が平日の場合、日曜日か土曜日にずらすことができます。
日付的に変わってしまいますが、「弔事前倒し」といって、正確に四十九日でなくとも構わないのです。四十九日より遅くなってしまうと、霊が極楽につくのも遅くなってしまうという考え方があることからずらす場合は前にずらすようにしましょう。早まる分にはよしとされているのです。

□菩提寺への依頼
四十九日をお寺で行う際には、まず寺の都合を確認します。
予定した日に他のご家庭の法事の予約が入る場合もありますので、早めに連絡しましょう。
日程は先着順で決まってしまいます。
霊園などにお墓を持っていて菩提寺がないという人は、葬儀の時に来てくれたお寺に頼むか、石屋さんから紹介していただくこともできます。もちろん葬儀屋さんからも紹介して貰うことができます。

□位牌の準備
葬儀の際に使う白木の位牌は仮の位牌ですので、
四十九日までに仏壇屋に依頼し、漆塗りの本位牌に作り替えなくてはなりません。
仏壇屋さんで本位牌に戒名を入れて貰うのには10日?14日ほどかかりますので、早めに依頼して下さい。四十九日の法要の際、白木の位牌から黒塗りの位牌に魂を移します。

仮の位牌であった白木の位牌は、四十九日の法要の時に菩提寺に納めます。
霊園の方も、お坊さんが引き取ることになります。

□石屋さんへ連絡
菩提寺と日程の打ち合わせが終わりましたら、石屋さんにも日時とお戒名をお知らせしましょう。お墓に戒名を彫ります。文字に間違いがないよう、郵送かFAXでお知らせすることをお勧めします。石屋さんを知らない、どこにあるのかわからないという場合には、お寺さんに尋ねてみてください。大抵お寺は石屋さんを知っています。
霊園の場合は管理事務所に問い合わせをしてください。

□法要案内状の製作と郵送
四十九日の法要の日時と場所が決定したら、なるべく早めに案内状を発送しましょう。
出欠の確認を取りたいので、封書か往復はがきで案内状を作成します。
御塔婆のことも書いておいたほうが良いでしょう。
もし少人数の場合には、電話で出欠を確認する場合もあります。

□会食の手配
法要が済んだ後に会食を行いますので、その会場を探して予約を取ります。
お寺で行う場合には、お寺で会食をする場合が多いです。
その場合はお寺さんから料理屋さんのカタログを受け取り、そこから選んで決定するようにしてください。霊園の場合は、(味についてはなんとも言えないのですが)霊園付属の施設で会食が出来る場合もあります。
そのような施設がない場合には、石屋さんが紹介してくれます。

□宴席の手配・準備
案内状を送り、出欠のはがきが返ってきて出席する人数が判明したら、会食の食事を予約します。法事が終わる時間や移動時間を考えて予約を取りましょう。

□引出物の手配・準備
参列者へのお礼の引き出物を準備します。四十九日にも参列者のみなさんからお香典をいただくことになるので、四十九日にいただくお香典についてのお返しですね。
3000円から5000円ぐらいが一般的な金額だと考えられます。

包装(水引き)はギフト屋さんまたは、デパートで、法事用だということを伝えて注文しましょう。
数は予想ぴったりよりも、少しだけ余裕を持って多めに注文しておくほうが安心です。

□当日の持ち物の準備
当日は以下の持ち物を忘れないようにしましょう。
・お位牌(白木)
・お位牌(黒塗りの本位牌)
・写真(葬儀で使った大きいもの)
・お花(お寺の本堂に供えるものと、お墓用で二対必要です)

菩提寺の場合は、この他に必要なものがないかお寺さんに確認するようにしましょう。
霊園の場合は、石屋さんに確認してください。

□僧侶への謝礼
僧侶にお布施を渡すタイミングですが、これには決まったものはなく
法事の前でも後でも、または日を改めてお礼の挨拶と一緒に渡すことにしても構いません。

お布施の金額は、ご住職に直接聞いてしまいましょう。金額を尋ねることは失礼なことではありません。それが最も間違いのない、確実な方法だと思います。

■法事当日の流れ

□49日の法事
法要には葬儀のような一定の進め方というものが明確に決まってはいません。
ですが、一般的な流れについてはご説明することができます。

集合
僧侶の読経
焼香
僧侶の法話
納骨のためお墓へ

主催の方は、法事が始まる時間よりも早めにお寺に到着し、
きちんとお坊さんにご挨拶をしましょう。

□お墓で納骨
僧侶の読経、焼香、僧侶の法話が終わったら、一同で墓へ向かいます。
そして石屋さんが墓石をずらして、骨をお墓に収めてくれます。

骨を収め終えたら、みなさんでお花を供えて、水をかけてお参りをしましょう。

その際、石屋さんに心づけ(5000円ぐらいでよいと思います)を渡すのを忘れないようにしましょう。

□宴席
法要後、参列者をもてなす会席を設けます。

施主(喪主)の挨拶・・・施主が法要に列席していただいたみなさんへのお礼を言います。
献杯・・・親戚の長老格の人に、「献杯」と発声をしていただきましょう。
会食・・・その後、故人を偲びつつ会食します。
宴席の終了・・・施主が閉式の挨拶をします。
お返し物の引渡し・・・来て下さった人たちに忘れずに渡しましょう。

□帰宅
法事を終えて家に帰ったら、魂の入ったお位牌を仏壇に安置します。
お線香を焚いて静かにお参りをしましょう。

以上が四十九日の一日となります。随分長くなりました。
このように並べてみますと、こなさなければいけないことはたくさんあるように思いますが、ひとつひとつは難しいことではありません。丁寧に対応していけば、誰にでもできることです。

目の前にあることを、きちんとひとつひとつ行っていくこと、
それがなによりのご供養になるのです。

まとめ

やることは沢山あるように見えるかもしれませんが、実際やってみればそう難しいことでもなくすぐに済んでしまうことです。ただ、ひとつひとつのことを丁寧にしっかりと行うことだけは忘れないようにしましょう。