よくわかる新盆の迎え方

きゅうりなす

■「新盆」とは

故人が亡くなり、四十九日が終わって最初に迎えるお盆を「新盆」といいます。

四十九日までは「中陰」といって
霊はまだあの世に行っていないのです。

お盆はあの世からこの世へ、故人の霊が帰ってくる行事ですから
四十九日の法要を過ぎて最初に迎えるお盆が最初のお盆です。

さて、それでは新盆の準備を順を追ってご説明しましょう。

■新盆の手順

このページを印刷して、チェックを入れながら行うと漏れが無く準備でき便利です。
それではご説明します。

■新盆の準備

□お坊さんへ連絡

新盆の法要をする場合は、まずお寺さんに電話を入れて都合の確認をしましょう。
お盆には他のご家庭も法事を予定している可能性が高いので、早めに連絡します。
先着順ですからお気をつけください。
お布施は3000円から10000円ぐらいと幅があります。

□参列者への依頼

日程が決まり次第、参列していただそうな方々に連絡を取りましょう。
出席する人数が決まれば、それにあわせて食事の準備します。

□引出物の手配・準備

参列者へお渡しするお礼の引き出物を準備します。
これは皆さんからいただくお香典のお返し(お香典返し)です。3000円ぐらいが一般的なようです。

包装(水引き)はギフト屋さんまたは、デパートに発注します。新盆用ということを伝えましょう。
また、予定の人数より少し多めの数で発注したほうが安心です。

□お盆飾りの準備の準備

13日の昼まで、お盆の飾り付けをしましょう。
まず仏壇の前に台を置いて白布を引きます。仏像やお位牌、香炉など、仏壇の中の物を出して台の上に置きます。

その脇には柄付の提灯を飾り、
そのほかにもう一つ新盆用の白提灯を飾ります。

お盆までに用意するもの
飾りつけ関連(台、白布、きゅうりの馬、ナスの牛、おはぎ、供えてあげたい物があれば用意します。)
提灯 は脇に飾ります。

迎え火関連(おがら、ほうろく=素焼きのお皿)

□7月あるいは8月の13日の夕方

夕刻になればご先祖様たちが帰ってきます。
焙烙=素焼きのお皿でおがらを燃やし、ご先祖様を迎えましょう。

□新盆の法要

新盆の法要は僧侶を呼び、お経を読んでいただきます。
お坊さんもお忙しいですから、あまり引き止めないように気をつけましょう。

新盆の法要の後、親族で会食を行います。
ご自宅で御寿司などの出前を頼んでもよいですし、お店を予約してみなさんででかけていってもよいでしょう。

□送り火

16日の夕方に、ご先祖を送り出します。
玄関先でおがらを焚いて、ご先祖様を送り出します

「新盆」ですが、最近の傾向では家族だけで行うことが多いようです。
その場合でも、内容は同じものになります。

難しく考える必要はありません。わからないこと、不安なことがでてきたら
お坊さんや、葬儀屋、仏具屋に相談しましょう。

この時期のお坊さんはとても忙しいので、
なるべく早く予約することをお薦めします。

注意※ お坊さんが忙しくうまく予約が取れないと、新盆の法要がお盆の時期を外れてしまうこともあります。それは仕方のないことですので、あまり気にしなくても構いません。

また、お寺によっては檀家さんにお寺に来てもらうところもありますが、
その場合にもご自宅での新盆を選んでいただいて構いません。