一般的なお盆について

はがき

一般的な「お盆」というものについてご説明したいと思います。興味のある方は是非ご一読くださいませ。

お盆とは

実は「お盆」というのは略称です。正しくは「孟蘭盆会」(うらぼんえ)といいます。サンスクリット語で「逆さ吊りにされたような苦しみ」を「ウラバンナ」と言うのですが、「孟蘭盆会」はその音が転じたものであり、それが略されて「お盆」というようになったと考えられています。
この行事が生まれた逸話となっているお話はこのようなものです。お釈迦さまのお弟子さんである目蓮尊者という人がいました。その方の母親は亡くなって、別の世界に生まれ変わったのですが、そこは餓鬼の世界でした。母親が苦しんでいるのを知った目蓮尊者は、母親を救おうと食べ物を与えるのですが、それだけでは母親は救われません。そこでお釈迦様のお導きを受け、多くの衆僧を招いて供養するための大布施行を捧げたところ、母親はやっと餓鬼の苦しみから逃れ、救われたといいます。
それが七月十五日であったという故事から、ご先祖様をこの期間に我が家に招いてご供養を捧げ、再び仏様の浄土に送り返すという「孟蘭盆会」の行事が行われるようになったと言うことです。

お盆の期間

お盆の期間は、毎年7月13日から16日(初盆の家庭では7日より16日)までが一般的です。
しかし、東京以外の地域では1ヵ月ずれて8月13日から16日に行われる場合もあります。
さて、お盆には何を用意すればよいのでしょう。なかなかご存知の方もいないと思います。その形というのは地方や地域によって異なりますが、一般的な形をご紹介しましょう。
基本的には新盆と同じように飾ればよいと思います。

お盆の準備

ご先祖や亡くなった人たちの霊が、一年に一度家に帰ってくるというのが「お盆」です。十三日の朝には、お仏壇を綺麗に清掃しましょう。そして先祖の霊を迎えるための場所を用意します。これを「精霊棚(しょうりょうだな))と言います。

精霊棚の作り方

はがき

・お仏壇の前に机を置き、真菰(まこも)で編んだゴザを敷きます。
・位牌、香炉、燭台、花立て、リンを用意した机の上に移します。
・迎え団子を13個もしくは6個お皿に盛って供えます。
・ナスとキュウリをさいの目に切り、洗い米を混ぜた「ミズノコ」と水に蓮の葉を入れた「閼迦水(あかみず)」を供えます。
・ナスとキュウリで馬と牛を作って供えます。
(※これら全てを完璧に用意する必要はありません。可能な範囲で結構です。)

※お仏壇の前に精霊棚を作るようなスペースがないという場合には、お仏壇の中に盆飾りやお供えをしても構いません。

ここまで準備したら、いよいよご先祖さまのお帰りとなります。心を込めて迎えましょう。
迎え火で祖霊を迎えます
13日の夕方、お墓参りをし、苧殻(おがら)を焚きます。このことにより祖先の霊が迷うことなく家に戻って来ることができるのです。実際に火を焚くことができない場合には、お盆の間その代わりとして盆提灯を灯すことが多いようです。
ご先祖様は盆提灯や盆灯籠の明かりを目指して帰ってくることになります。お盆の期問中はずっと仏前または軒先に飾っておきましょう。祖先の霊が我が家に戻っている間には、精進料理で先祖の霊をもてなします。といいましても、最近はご家族の食事と同じものをお供えすればよいとされています。
お寺さんが棚経にきます
お盆にはお寺さんが棚経のために各家を回り、読経をします。お礼としてお布施を用意しましょう。
最近では、お寺で「お施餓鬼会」などをするケースも多いようですね。
送り火を焚いて祖霊を送ります
16日の夕方、今度は送り火を焚きご先祖の霊を送り出します。送り火の代わりとして、盆提灯を灯すことも多いようです。可能であればこの後にもう一度お墓参りをします。もしお墓まで遠い場合には、送り火だけで済ませる場合もあります。
ご先祖の霊を送り出した後は、お供え物などを川や海に流します。最近では、ご先祖の霊が帰る日の夜、あるいはその翌日に流すことが多いようです。これを「精霊流し」または「灯籠流し」と言い、わらやおがなどで作った精霊舟の上に灯篭やロウソクを立てて流します。川や海に遠く流すことで、天上界に送り出すという意味があります。現在は環境問題の関係で焼却してしまうことが多いのですが、昔は当然のように行われていたことでした。
余談ですが・・・盆踊りって楽しいですか?

盆踊り

盆踊りといえば夏祭りの風物詩。楽しいイメージを持っていると思います。しかし、元来盆踊りというのは、お盆に帰ってきた霊を慰め、無事に送り返すという宗教的な意味合いを持つものでした。すっかり夏のイベントという感じになっていますが、もちろんそれはそれでいいのではいかと思います。僕にはちょっと踊る楽しさがわからないのですが(笑)

駆け足ではありますが、お盆について説明してみました。実際その場になってみると、何を準備したらよいのか、どうすればよいのか考えてしまうものです。
お盆についてもわからないことがあればご相談ください。可能な限りお答えしようと思います。