白木位牌とは?

白木位牌と黒塗り位牌

はがき

白木の位牌は忌明けまでの仮のものです。本位牌の準備を。

葬儀の時には下のような白木の位牌が使われます。こちらは仮のものとなります。四十九日間の法要(忌明け法要)までを務め、その後は本位牌に入れ替える必要があります。本位牌は黒塗り金箔付き、唐木位牌などになります。

白木位牌矢印本位牌

本位牌は「明け法要」までに用意しましょう。忌明け法要の際、本位牌にはお坊さんによって魂が移されます。なお、仮のものとして使用していた白木位牌も、きちんとお坊さんにご供養していただいた上で処分となります。

一般的には49日忌以降、お位牌はお仏壇の中で祀ります。お位牌の表には「戒名」、裏には「俗名(名前)」と「行年(享年)」を彫ります。没年月日については表の場合と裏の場合があります。

※浄土真宗の方につきましては、位牌ではなく「法名軸」や「過去帖」を用いる場合があり、ご確認をお願いします。

過去帳

49日までに「塗り位牌」を準備しましょう。仏具店で購入できます。戒名などを彫っていただくことになりますが、これには一定の時間がかかりますので、法要までに余裕を持って2週間前ほどを目処に仏具店などにご依頼ください。正確な完成日については仏具店に確認しましょう。