新しい埋葬方法 散骨

海

散骨についての特集です。
最近「散骨」という言葉をよく耳にしませんか?一体どういった形の葬法なのでしょう。
散骨はどうすればできるのか、どのくらい費用がかかるのかといったことをご紹介しましょう。

散骨とは


遺骨を細かく砕き「骨灰」にし、海や空中に撒くという形の埋葬を「散骨」と言います。
説明してみればこのようにシンプルなものです。



散骨に関する法律

散骨に関しての法律にも触れておきましょう。少し堅い話にはなりますが、非常に大切です。
関連する法律としては、次のようなものがあります。

○墓地、埋葬に関する法律(墓埋法)

昭和23年に制定された法律です。まだ敗戦直後の混乱のさなかであり、埋葬についても同じように一定の決まりがなく混乱していました。そのため、この法律によって安易な土葬により伝染病が拡大することを予防し、土葬あるいは火葬後、その遺骨を墳墓など一定の納骨場所に埋蔵、収蔵することについての詳細を定めることになりました。埋葬(土葬や火葬など、最終的に土中に葬ること)が前提にある法律なので、遺灰を海や山に撒く「自然葬」といった葬法については想定されておらず、散骨についての細かい規定も考えられていません。散骨する場合に特別な許可が必要であったり、どこかに届け出たりする必要はありませんが、一般的な火葬に準じて「火葬許可証」と「埋葬許可証(埋・火葬許可証)」を得なければなりません。

○刑法

第190条 (遺骨遺棄等)死体、遺骨、遺髪又ハ棺内に蔵置シタル物ヲ損壊、遺棄、又ハ領得シタル物ハ三年以下ノ懲役ニ処ス

平成三年には、東京の市民団体「葬送の自由をすすめる会」による散骨が、神奈川県沖で行われました。

法務省は「節度を持って葬法の一つとして行われる限り問題ではない」という旨の見解を発表、法的に散骨が違法であるという言及はありませんでした。これをきっかけとして、散骨も葬法のひとつとして一般に認知されつつあると言えます。

※節度をもって行うとは、火葬した遺骨をそのままに山や海に撒くのではなく、遺骨を紛状(2から3ミリ程度)の遺灰にしてひとつひとつを小さなものにし、山に撒く場合には周辺住民の感情を十分に考慮し、地主の許可なく散骨するようなことはしないこと、海に撒く場合には、漁場や海上交通の要所を避け、陸地から一定の距離のある沖合(20km以上が目安となります)で行うなど、環境や人々の心情に影響を及ぼさないよう厳粛に行われること、そのようなことを意味しているのだと考えるべきでしょう。

散骨料金について

散骨という葬法を扱う会社は比較的たくさんあり
我が社も最近散骨専門業者的なところと提携致しました。
委託散骨などは低料金で実現することができると考えていただいてよいでしょう。

散骨の手順

散骨は通常以下のような手順で行われています
*散骨の手順
  1. 死亡
  2. 葬儀
  3. 火葬
  4. 散骨の意思決定
  5. 日時天候などを見ながら調整し決定
  6. 遺骨を粉状にする
  7. 出航
  8. 目標地点到着
  9. 黙祷、セレモニーなど
  10. 海洋葬(散骨)
  11. 帰港


散骨のメリット・デメリット

散骨というものが少しずつ見えてきたかと思います。
現実的なお話ですが、散骨を担当している会社はそれが商売ですので、メリットだけをみなさんに主張するかもしれません。
しかしながら、当然デメリット(リスク)もありますので注意が必要です。

※新しい形での葬法ですので、一般的に馴染みがなく親族などに拒否反応が見られる場合がある。
※法的にも慣習的にもこれまでの形と異なります。お墓がないことも含め何もかもが新しいこととなり、古いやり方と考え方で対応できない場合がある。
(何回忌の法要などもお墓がある前提ですので、どうするのか考えなくてはなりません。)
※先祖を供養し続けるということを考えて、墓標というものがないのは都合が悪い点が多い。


このようなことが考えられます。特に日本人あまり他人と違うことを行うと不安になる、同じだと安心してしまうという国民性がありますので、宗教や信仰に関することでは一層不安になってしまうかもしれません。

メリットは以下の通りです。散骨が話題にのぼると共にメリットについてもよく言及されています。

※高額なお墓が必要なくなる
※単身者でも心配なく行える
※「自然に還る」という考え方ができる
※海外では散骨が一般的なので地球規模で考えれば別段変わったことではない
※お墓の管理やお寺との付き合いなど事後のことを考える必要がない


と結構多くのメリットが挙げられます。確かにお墓は高額ですので、納得できますね。

アレンジとして、お骨の一部だけを散骨するという「一部散骨」を選択することもできます。
現状では、この方法が最もトラブルの起きにくい方法ではないでしょうか。

新しい埋葬


骨をお墓に納めない他の方法として、「エターナルプレート」というものがあります。
お骨を粉にし、プレートとして焼き固めて保存しやすい状態にするのです。

エターナルプレート1 エターナルプレート2
レギュラープレート
約W85×H40×D12mm
200,000円(税抜)
スモールプレート
約W70×H30×D10mm
150,000円(税抜)

プレートになっていればお墓を用意する必要もなく、自宅の仏壇にしまっておくこともできます。

従来のお墓の形も、多様な形が選ばれるようになっています。家長が承継していく家墓制度が長らく日本に根付いてきましたが、「個人墓」や個々で管理する人を持たない「合同墓」、期限付きで合祇される「夫婦墓」など、新しいやりかたが誕生しているのです。

伝統をただ意固地に守るだけが重要なことではありません。ひとりひとりが自分自身のライフデザインを描くように、お墓のありかたも自分で選ぶことのひとつになると思うのです。これからもどんどん新しい葬法が登場してくるでしょう。それぞれに必ずあるメリット、デメリットを考慮しつつ、最後にはそのたくさんの中からたったひとつの方法を選び出さなければならない。そのような時代がやってくるのでしょう。

人それぞれのやりかたが生かされる時代、いつかあなたが選ぶのはどのような葬法なのでしょうか。