お葬式が終わったけど「お墓がない」

お墓

無事にお葬式が終わり、残るは四十九日の納骨。
けれど、代々からのお墓がない、という方もいらっしゃると思います。

墓地に埋葬したいとは思うけど、まだ墓地の場所も決まっていない。

早速決めたいところですが、何世代もお付き合いするのがお墓というもの。簡単に決めるわけにもいきません。

こんなふうに、お墓がなくて困っている、という方。


もちろん、短期間であれば家に置くこともできます。ですが、やはり普通の生活がありますから、ずっと置いておくというわけもありません。四十九日を目安にしたいところですが、四十九日間というのは案外あっという間に過ぎてしまうものです。

そんなときの解決策として、納骨堂を利用することも考えてみましょう。



民営霊園の納骨堂や、お寺さんの納骨堂を利用することができます。お寺でも墓地のほかに納骨堂を持つお寺があるのです。

民営霊園の場合は管理費や利用料が比較的高めである場合がありますし、お寺さんの場合は檀家にならないと利用できないこともありますので、まずはご確認をお願いします。


都内では、都営多摩霊園、雑司ヶ谷霊園の二ヶ所に納骨堂があります。

都立多磨霊園 多磨霊園納骨堂「みたま堂」 都立雑司ヶ谷霊園

いずれは墓地に埋葬したいと考えており、一時的に預かって欲しいという場合にもお願いできます。
都営霊園なら交通の便もいいですし、都営ですから年間の使用料もそれほど高価ではありません。