墓地・お墓を選びに迷ったときの選び方

お墓

墓地・お墓を選びに迷ったときの選び方とは?

選ぶ基準を知らずお墓を建てると困ったことに・・・
失敗しない、後悔しない墓地選び

葬儀が終わった後、亡くなったひとのお骨はどうしたらいいのでしょうか?
一般的には墓地に埋葬することになります。

どんなタイミングで埋葬するのかは、それまでにお葬式の経験がないとわからないものです。

地域による違いもありますが、関東では四十九日まで自宅の「後飾り」に安置し、お参りします。
四十九日を目処に法事を営み、その後お墓や納骨堂に納骨するのです。

さて、納骨するお墓を持たない家はどうしたらよいのでしょうか。
新しくお墓を建てる、あるいは納骨堂に安置するといった方法があります。

お墓を建てるにはどれくらいの費用がかかるのだろう?
どこに墓地があるのかよくわからない?
納骨堂はどんなところなのかわからない?

疑問はいろいろ出てくると思いますが、誰に聞けばよいのかも難しいところです。墓石屋さんに尋ねる機会もあるかもしれませんが、逆に墓石を売りつけられたり、しつこく営業されたりしたら・・・と思うと、聞きにくいのも当然です。

そんなみなさんから、佐藤葬祭にもお墓のことについていろんな質問や問合せをいただきます。
お墓のパンフレットというのがあっても、それを見たところで明確な答えが載っていないのです。
お墓を建てようと考える人たちが本当に知りたいことは・・・

どこにどんなお墓があって、費用はどれくらいであるのか?
墓地がいいのか、納骨堂がいいのか?
お墓とはどういうものなのか、そもそもお墓はなくてはならないのか?

役に立つお墓の知識、選び方を葬儀屋の立場からそっとお伝えしたいと思います。

これからお墓を建てる方、いずれはお墓を建てたいと考えている方のためにここでだけでささやこうと思います。

お墓とは?

そもそもお墓とは一体なんなのでしょうか。
なんとなくわかっているようであり、でも明確に説明しろと言われたらできないものかもしれません。お墓はもちろん遺骨を入れる場所なのですが、遺骨を入れるという役割だけでしたら、別に高価なお墓を建てる必要もない気がしませんか。
お墓はこの世の人々にとって、お墓は亡くなった人の死に触れ、死を受け入れる「目印」です。そして、亡くなった人にとっては「家」なのだと思います。
会ったこともない、顔も知らないご先祖さんと一緒に住むことになるわけですが、きちんとした繋がりというものは存在しています。
「供養」とは、この世の人間が死に触れ、死を受け入れる気持ちのこと。そしてそれを表す目印として形にしたもの、それが「お墓」なのでしょう。

お墓に、大事なひとが眠っている
お墓の下に大好きだったおじいちゃんがいる
お墓にお参りに行く、会いに行く
お墓はご先祖さまのやすらぎの家
亡くなったひとを大切に想うこころをつなげてくれる「目印」

そして、感謝や慈しみの気持ち。それらの象徴が「お墓」と言えるでしょう。

お墓は必要なの?

お墓があることで、自分の家の歴史がわかります。
つまり、お墓はご先祖さまの記念碑なのですね。
お父さんのお父さん(おじいちゃん)やお母さんのお母さん(おばあちゃん)のお骨が収めてあるわけです。そして、そこに行けば亡くなった人にいつでも会えるという場所です。

お骨を自然に還すという考えから「散骨」というものもあります。これは、少し考え方が異なります。
お墓を建てても、その後に誰も守るひとがいない、お参りに来るひとがいない、経済的にお墓を建てられない事情があるなどの理由から散骨を選択するひともいると思います。

「散骨」は、家を受け継ぐことや供養すると言ったお墓の意味を持ちません。
亡くなったら散骨がいいと望む方々は、ひとりきりでそっとしておいてほしいとか、残された家族に負担をかけたくないからなどの思いがあるようです。

亡くなったひとの想いや存在を受けとめ、それを亡くなった後に受け継いでいく、親から子へと想いを渡していく、家族の繋がりを大切にしていきたい。このようなことが、お墓を持つことの意味なのですね。

ですから、誰にもお墓が必要というわけではありません。亡くなった方の考え方、もしくは家族の考え方によります。何を大切にしたいのか、どうしたいのか。そこが最も大事なことなのです。
墓地の場所はどこがいいの?
お墓を建てる墓地には公営霊園、財団法人霊園及び民営霊園、寺院墓地の三つの種類が考えられます。
都内の場合、公営霊園ですと墓地の使用料や管理費が抑えられます。これは人気があって申し込みが多いので、なかなか確保することができません。
申し込みは抽選ですし、なかなか当たらないのです。

財団法人の霊園や民営霊園ですと、公営に比較すれば墓地使用料は高くなりますが、海が見下ろせる霊園や山の望める霊園など、好みで自由に場所を選択することができます。

自宅に近い距離に墓地を持ちたいなと考えると、やはり寺院墓地がよいということになります。
寺院墓地の場合は特に、しっかり条件を確認してよく考えてから決定することが重要です。お寺さんの檀家にならなくてはいけませんし、お寺さんとのお付合いも今後続くわけです。
当然、宗教的な問題(お寺さんの宗派)もありますし、お寺のことを何も知らないでお墓を建ててしまっては、後々後悔することになりかねません。

墓地を選ぶときの条件として、できるだけ墓地までのアクセスがよいこと、環境が整っていること、さらに、費用がかからないこと・・・となると、公営霊園が考えられます。

財団法人霊園や民営霊園でも、十分に環境が整っているところがあります。自宅からの交通の便などを考えて霊園を探しましょう。

寺院墓地であって、菩提寺がなく、お寺さんとの付合いを考えずに済むといった場合、自分の家と同じ宗派であれば、自宅から比較的近い場所でお墓が建てられるでしょう。

最終的には、ご自身が希望する条件にあてはまる墓地を選べばよいということになります。環境や交通の便、年間の費用など総合的に考えると、最もお薦めできるのは公営霊園だと思います。
環境を選ぶなら財団法人霊園や民営霊園、近場がいいとなれば寺院墓地、と、何を最も優先させるかによって選ぶものも異なりますね。

パンフレットや資料からの情報ではわからない部分もあります。
そんな場合には実際に現地まで行き、立地や交通の便などを確認してみましょう。多少の手間はかかっても、自分の希望する墓地が見つかるまで根気よく探すことが大切ですね。

墓地は移せるの?
遠い田舎に先祖代々からのお墓があり、それを自宅近くの霊園に移したいとき

仏教からキリスト教に改宗したとき

民営の霊園から都営霊園に変えたいときなど、墓地を移すことができます。

例えば、田舎のお寺さんの寺院墓地に埋葬してあるお骨を、自宅近くの霊園墓地に移す場合について考えてみましょう。

  1. 移動先の霊園墓地の管理事務所から、受入証明書を発行して貰いましょう。新しい墓地の証明書が必要です。
  2. 移動元のお寺さんからは、埋葬証明書を発行してもらいます。古い墓地のほうです
  3. 1、2で発行してもらった2つの書類を用意して、霊園墓地のある市区町村役場に申請にいき改葬許可書を取得します。
    ※申請書の様式や手続きは各自治体によって異なる場合があります。地区町村役場に必要となる書類を確認してから手続きを進めましょう。
  4. 元の墓地を引き払うために、お寺さんに御魂抜きをお願いします。古いお墓は魂の抜けた石として、無縁塚へ合祀して安置します。
    墓地を引き払うにも費用がかかります。お寺さん(墓地の管理者)に費用を問い合わせておきましょう。
  5. 取得した改葬許可書を、霊園墓地の管理事務所に提出します。
    納骨の日時を決めて納骨式を行います。

お墓を新しく建てたときは、お寺さんにお願いして開眼供養していただきます。

寺院墓地や民営霊園は、石材屋さんが指定されている場合がありますので注意しましょう。
他の石材屋さんを頼めないこともありますので、事前に調べておきましょう。

墓地の移動をするとなると、手続きから納骨式まで時間も費用もかなり掛かります。
墓地を建てるときと同じくらい掛かる場合もありますので、事前に見積りをとることをお薦めします。

仏教じゃない人のお墓は?
神道の場合
神社で墓地をもっているところは殆どありません。
神式のお墓を建てる場合には、公営や民営の霊園になります。

神道の墓石の正面には、「○○家奥津城(おくつき)」もしくは「○○家奥都城」と家名の下に「奥津城」の文字を彫ります。
神道ではお墓を「奥津城(おくつき)」と呼ぶのです。
仏式のお墓の形に特に決まりはありませんが、神道では角柱型で頂上が四面を三角形に切った角兜巾(かくときん)型、剣先状の形の墓石になっています。

三種の神器ひとつ、天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)を表して剣先の形にしてあるのです。
「草薙の剣」とも呼ばれます。
神道のお墓はお線香を焚く香炉を置かず、玉串(榊)を供える「八足」にすることもあります。

墓石に刻む故人の名前は仏式の戒名ではなく、佐藤太郎大人(うし)や佐藤花子刀自(とじ)と名前の下に諡名(おくりな)をつけます。

キリスト教の場合
墓地を所有している教会も多くなってきました。
教会員の人は教会墓地を利用できますが、教会員でない場合は民営や公営の霊園を利用することになります。
キリスト教のお墓の形式に決まりはありません。
墓石の形も自由です。思いのままにデザインされたものを見ることができます。

仏式では和型墓石が標準的ですが、キリスト式では洋型墓石が多いです。

失敗しないお墓選び・・・どこに頼んだらいいの?

お墓を建てる機会は一生のうちで一度あるかどうかです。
1度建てるにも高額なお金がかかりますし、そうそう何度も建てかえるものではありません。
トラブルを避けてお墓を建てたいものですが・・・

宗派問わずと書いてあったから寺院墓地でお墓を建てたのに、法要のときにはお墓を管理しているお寺さんじゃないとお経をあげられないとか、お寺の施設を利用しないといけないと規定があるだとか

永代供養の費用を納めたら、後の費用は掛からないと思っていたのに毎年管理費が必要だったとか

ひどい例としては、民営の霊園でお墓を建てたのだけど、管理会社が倒産してしまった・・・というようなことも実際にあるのです。

一体何を基準に霊園を選んで、何を基準にお墓を建てるのか
費用はどれくらいなのか
知らなければ何を確認したらよいのかもわからない。ゼロからお墓を建てることというのは、なかなか難しいことなのです。

わからないことは専門の石材店に聞くのが一番早いと思います。
ただ、石材屋さんに任せきりにしてしまうのではなく、きちんと目的意識をもって条件を伝えることが大切だと思います。

■どこにお墓を建てたいのかを明確にすること
「自分の家から車で1時間以内に行ける場所」ですとか、「電車での移動が多いので駅から近いところがよい」など、希望の場所や形態(公営墓地・民営墓地・寺院墓地)を考えておきましょう。
さらに、駐車場や法要施設、トイレはあるのかなど、細かい施設が充実しているところがいいですね。

■お墓を建てる予算を考える
価格は墓地の広さや石材などによって価格は変わってきます。永代使用料、外柵、墓石、お墓の仕 上げ方や付属品(塔婆立・墓誌)などによって価格帯もいろいろ変わります。

■自分の家の宗旨はなにか
寺院墓地では宗旨宗派問わずと謳っているところも多いのですが、それは墓地を建てる前のことであって、実際にお墓を建てると他の宗派での法事はできないといったことが殆どです。
その他、お墓の形に特に決まりはなくても、宗派によって付属品が変わることがあります。

石材店では扱っている霊園ごとに永代使用料や年間管理費、平均価格がわかるようになっています。
まず霊園などから資料を取り寄せ、実際に霊園に足を運び自分の目で見て雰囲気なども確認するのが一番確実でしょう。
あとは、石材店に見積もりを立ててもらい、予算と合わせていくのですが
見積書は、お墓が実際に建つまでの総ての費用、つまり最終的な総額が明記されたものと、お墓の完成予定図を一緒にいただくとわかりやすいと思います。

安心できる石材店の条件

■押し売りしない店
・資料請求しただけで、次から次に営業の電話をかけてくる
・頼んでもいない霊園のパンフレットや資料を一方的に送りつけてくる
・見積りをお願いしただけなのに、まるで契約したかのように話をすすめてくる
このような押し売り姿勢の店は早めに断ったほうが無難です。

■資料が揃っていて、専門知識のあるお店
・各霊園の資料(永代使用料・工事費・管理費・設備・交通案内)が揃っているお店
・希望をよく理解して、適切なアドバイスができるお店
これらは当然のことなのですが、十分な店のほうが少ないと思います。

同じ石材店であっても、担当の営業のひとによって対応が違ってきたりします。
対応に誠意のある石材店と営業のひとに出会えれば、この上ないことです。
都内近郊の公営霊園

都立霊園は現在都内23区内に4ケ所、都下に3ケ所、松戸市に1ケ所、合計8ケ所あります。
多磨霊園・小平霊園・八王子霊園・八柱霊園・青山霊園・雑司ヶ谷霊園

都立霊園の納骨堂一時預かり
墓地を探しているのだけど、なかなかいいところが見つからない方やローンは避け、資金を貯めてからお墓を建てたい方などいらっしゃることでしょう。
しかし、いつまでも家にお骨をおいておくわけにはいかないですね。

都営霊園の納骨堂では、お骨を一時(5年間)預かってもらえます。
法事・法要のお経 墓地でのお経 墓前でのお経

佐藤葬祭では、お経をあげてもらえるお寺さんをご紹介します。

都内、近県の自宅や霊園まで対応可能です。

仏教は、ほとんどの宗派に対応しています。

神道の神官さんやキリスト教の牧師さんもご相談ください。
※お墓や墓地に関しての疑問・質問など、丁寧にお答えさせていただいております。
疑問・質問・プランのお問い合わせ・予約などは、メール、あるいはお電話でご連絡いただけますようお願いいたします。