葬儀を低価格にする

割引

お葬式はお金が掛かかるものです。現在主流になっているやり方、現在の風習・文化に基づくやり方で行うスタンダードな葬儀は、やはり200万円から300万円用意する必要があるでしょう。

僕は少し違うスタンスを保つようにしています。なんだか中途半端だなと思われるかもしれないのですが・・・

「お金は掛けてもいいし、掛けなくてもいい」という考え方です。

「葬儀は高すぎる」

「今の葬儀は高すぎる!」といって、価格のことだけを考えて、品質としてはとても低い葬儀を行うことを僕は正しいと思えない。だって人の一生でたった一度のことなのです。だからといって「高級」を全面に出して、不必要な高級品を売りつけるのは、もちろん間違っていると思います。

必要な物を必要なだけ。その結果金額が高くなっても低くなっても、それはある程度仕方の無いことだと思うのです。
大切なのは送る側の心。どれだけ心を込める事が出来るのか。それに尽きると思うからです

さて

価格を高くするのはとても簡単なことです。「高級」なものをたくさん買えばいいだけですから。
一方、低くするのは少し難しくなります。自身の希望、そして価値観などに照らしあわせて「必要なもの」「必要でない物」をしっかりと区別し、選択していかなければなりません。

そんなわけで今回考えてみるのはお葬式を低価格・安くする方法というものです。

会葬者を絞る

会葬する人数が多ければ、人数に比例して飲食代、香典返し、式場費、などの費用が大きくなります。大人数を迎え入れることのできる広さの葬儀場が必要になります。そうすると相応の祭壇も必要になるなど、人数は金額を決定する大きな要因となるわけです。会葬者を絞る事で、葬儀規模を小さくして葬儀代金を圧縮を考えてみることもできます。

例:密葬・家族葬・火葬のみ

単価を下げる

料理や返礼品、祭壇、棺、など、お葬式は数々の品目が必要になります。その品目の中で、かけるものはかける、かけないものにはかけないと、メリハリを持って予算を組んでいきます。
例えば 料理・返礼品については「外部に対しての費用」 棺・祭壇については「見栄としての費用」、どんな価値があるものなのかを考え、お金をかけるのかかけないのかということを決めていくのです。 

例:返礼品の1段階レベルを下げる 料理は握りから巻物に変える 区民葬・市民葬を利用する

香典返しを別の日に改めて行うのではなく、即日返しにする

お香典をいただいいたら、当日には会葬御礼品を出し、その後改めて納骨後に48日の返礼をするというのがよく取られるパターンですが、これを1度にまとめてしまうというものです。通夜・葬儀の当日に「即日返し」として、香典返しを兼ねた返礼品を2000円から4000円程度のものでお渡します。

例:葬儀のまめ知識>得する知識>返礼品の渡し方 を参照してください

無宗教形式へ

無宗教形式を取ると、宗教者への謝礼が不要になります。火葬式を終えたら「ホテルでの会食」や「無宗教形式での葬儀」を行い、一般的なことを行わない、つまり一般的にかかる費用をカットするということです。この方法で行うと一定のフォーマットというのも無視できますので、自由にお葬式を企画できます。
例:ホテル葬、火葬のみ、無宗教葬、レストランセレモニー

生花の芳名板利用

花祭壇や多数生花が出る場合には、花祭壇や祭壇脇の籠入り生花の部分を変えてみましょう。アレンジやスロープにして、通常名前はお花ごとの札板に書かれるところ、「芳名版」という大型の名札ホルダーにまとめて掲示するのです。費用としては芳名版のほうが安くなります。

お布施の交渉や、自家用車の利用

自分達の収入を鑑みて、あまりにもお布施の額が大きい場合、お寺さんに交渉してみることもできます。あくまでも高圧的な態度にならず低姿勢でお願いしてみてください。寺院さんとはこれからも長い付き合いになりますので、余計な波風を立てないのが一番です。少しお願いしても聞き入れられない場合には、きちんと内情を話してご相談になってみてください。

また、送り迎えをハイヤーで依頼された場合も、「自家用車で送迎してもかまわないか」と確認し、よよければ親族の自家用車で送迎することもできます。

いろいろなケース、その人ごとの価値観があります。ですから、何がベストであるのかも違います。どこに重きを置いて予算を組むかも人によって異なるのです。葬儀の予算を抑える場合「裏技」のような、それだけで予算についての問題が解決するといったような方法はないのです。計画力のある葬儀屋さん、信頼のできる葬儀社さんを見つけ、その担当者とじっくり計画を練っていくこと。何度も計画を練り直すこと。可能なら生前から準備できれば時間的にも余裕を持って準備することができると思います。

最後に、これはあまり効果的ではないと考えられる節約の仕方をご紹介しましょう。

こういった方法は残念ながら効果はないと思います。

会員システムに加入する

いわゆる「囲い込み」と言われる手法です。しかし、囲い込むにも会員システムなどを作らなければならないわけですからそこに余計なコストが掛かっているはずです。割引きがあるといっても表面的なものであり、結局総予算で見たら調整されてしまうと思います。会員になってもらって儲かるのは会員ではなく、システムを作る側のほうなのです。それが商売というものですから。

互助会に加入する

上と同じ理由ですが、こちらはさらに厳しい面があります。
理由1 積み立てで前払いなのですが、金利がつきません。
理由2 インフレ(物価の上昇)を前提です。現在はデフレですので予測されたものと異なります。
理由3 前払い金がその人の葬儀全額使われているかどうか不透明です。

大手を信頼する

この業界において、よい悪いは「大手か零細か」ということではありません。よい葬儀社、悪い葬儀社が入り乱れています。他の業界では大手であることが最低限の保証になるところですが、この業界はそうではありません。それからこの業界には大手が享受できる「スケールメリット」の意味がありません。計画的に発注できる種類のものではないからです。逆に大きいことで「人件費や設備のスケールデメリット」が目立つようになってしまうのです。