返礼品の渡し方(会葬御礼と即返し)

返礼品

一般的に葬儀の場では会葬御礼の品のことを「返礼品」と言います。「お葬儀に来ていただき、ありがとうございました。お礼の気持ちとしてお受け取りください」という気持ちを込めてのものです。 香典返し省略するかどうかによってふたつのパターンが考えられます。返礼品の二つのパターン

会葬御礼の品→香典返し

葬儀にて会葬御礼を出し、49日をもって香典返しを発送。

メリット...非常に一般的なやり方であり混乱も少ない、品物を選べばかさばることもない。
デメリット...手間がかかり大変ではあります。

当日返し

葬儀当日の返礼品を49日の香典返しと兼ねたものとしてしまい、49日の返礼品は省略。

メリット...手間がかからず、金額も低く抑えられます。
デメリット...意味を2日分兼ねただけ品物は大きくなる可能性があり、当日返しということがわからない方から苦情が入るかもしれません。

もう一点、お香典の受け取りの違いによっても返礼品の渡し方は変わってきます。

お香典と返礼品の関係
A、会葬者全員および預かり香典分型
香典のあるなしは問わず会葬していただいた方総てに渡し、預かられてきたお香典についても渡す。(基本形)

B、通夜、告別式重複回避型
通夜と告別式両方に会葬した方には二重に渡すことになるため、通夜は基本形で渡すが、告別式は香典と引き換えて重複して渡すことを避ける。

C、完全香典交換型
お香典を持参した方のみ返礼品を渡す。当日返しはこのタイプとなります。

D、香典辞退型
お香典の受け取りは辞退し、返礼品は会葬者総てに配る。

それぞれにメリットとデメリットがありますので、会葬者に対するご自身の考え方に基づいて選択するようにしましょう。 なお、ここに書いた返礼品の返し方は当社の周りで一般的とされるものであり、地域によっては異なる場合があります。ここだけの知識に頼ることなく、実際に葬儀をされる地域でのやりかたを確認していただくようお願いします。