葬儀の金額平均

割引

『お葬式って、お金がかかるって聞いたけど‥・』
「いえいえ!当社ではそんなことはありません。費用はお客さんの考え方次第で変えることができます。それをお客さんにお話していただき、よりご希望に近いものを実現していくのが我々の仕事です。」
・・・というのが、いまどき流行の葬儀社あたりが言っていることです。

この際、悲しい事実ですが僕からきちんと申し上げておきたいと思います。 お葬式はお金がかかるものなのです。 隠しておいても仕方ありません、事実ですし、実際葬儀を行えば嫌でも知ることですから。

よく、「会員の方に当社では○○%OFF、祭壇料は無料です」などと宣伝しているところもありますね。
しかし、葬儀社の料金は小売業ではありませんので、定価などもありませんしどこかに価格が貼り付けてあるわけでもありません。同じ品物でも葬儀屋によって価格設定が異なります。高く売って利益を取りたいところ、そうでないところもあります。
そしてどうしても無意味な割引というのがあります。ですから、僕は相談に来ていただけるお客さんにはこういうようにしています。ここだけではなく、他の葬儀屋でもお見積りをお取りください。ただ、必ず葬儀の総額と各項目の明細の入った見積りをいただくようにしてください、と。
確認すべきは「総額」であり、部分的な割引だけを知っても参考にはならないのです。

平均で百人を越える会葬者、全工程出席する親戚が平均で約30人。となると、人数的に考えてもお金がかかるのは当然のことなのです。百数十人、延べ10時間近いイベントですから、葬儀でなくともある程度の費用はかかるのが自然でしょう。

そう考えれば、今の形態が変わらずして金額だけが半分になることはまず考えられません。

さて本題に入りましょう。
世間一般のお葬式やその内訳費用は一体どれくらいなのでしょうか。下の表をご覧ください。

葬儀費用の地域別平均額(単位:万円
地域名 飲食接待費用 葬儀費用 寺院費用 合計
全国平均 44.5 117.1 53.0 214.6
北海道< 48.7 155.0 41.2 244.9
東北 56.9 83.1 74.7 214.7
関東A 78.1 155.8 41.1 275.0
関東B 47.8 139.0 86.6 273.4
中部A 67.8 112.0 45.8 225.6
中部B 52.8 138.5 45.8 237.1
近畿 40.6 145.6 53.1 239.3
中国 24.4 100.1 35.9 160.4
四国 28.4 90.5 37.3 156.2
九州 22.8 112.5 39.7 175.0

※関東A地区は茨城・栃木・群馬・千葉。関東Bは埼玉・神奈川・東京
※中部A地区は新潟・富山・石川・福井。中部Bは山梨・長野・岐阜・静岡・愛知合計は各平均値を加算して算出しています。
財団法人日本消費者協会「葬儀についてのアンケート調査」平成7年2月より

私どものいる東京の葬儀の平均金額を赤で強調させていただきました。このデータは香典返しを含めていませんが、それでもこれだけの費用はかかってしまいます。

「トラは死して皮を残し、人は死して名を残す」という言葉もありますが、名前だけじゃなくお金も残しておかないと、おちおち安心して死ねないというのが実情ですね。

もちろん、葬儀の費用ははやり方次第という部分もあります。事前によく相談し、どのようなやり方が自分にとって一番良いのかを考えていきましょう。これ、といって絶対的に決まった葬儀の形などないのです。