お葬式のタイムスケジュール 通夜告別式

時間

実は葬儀社の人間にとって、葬儀や通夜の当日の仕事は分刻みのものになります。

かなりシビアに式の進行具合を気にしているのです。
なぜなら、よい葬儀社であればただ単純に式を進めるというのではなく、葬儀の厳粛な雰囲気を守るための「間」というものを大切に考えているからです。

「場内に、開式の辞を述べて二呼吸半。そのタイミングでお寺さんが静かに入場。厳粛な感じを守りながらなおかつ、間延びしないように‥」と僕もいつも間というものを考えながら式場に立っています。単純に「式を進める」と言っても、場内のお客さんの反応が早くすぐに静まってくれる場合もありますし、親戚同士の懐かしい顔が並ぶ中でなかなか席に落ち着けず長らくざわついてしまう場合もあります。もちろんこちらの思うようにだけ事が進むわけもありませんが・・・。もしも皆さんが葬儀を行う側になるとしたら、何が何時ごろであるのかという葬儀のタイムスケジュールを知っておくと、ずいぶん動きやすくなりますよね。


例として、私たちの地域でのモデルケースをご紹介します。


通夜のタイムスケジュール
条件 民間式場/開式午後六時/閉式七時/宿泊不可/4時完全終了/仏式/会葬者100人/天候ほどほどの場合

通夜(遺族のタイムスケジュール)
遺体の移動 3:00 祭壇設営時間前に移動します。式場到着。
  5:00 最低でも一時間前には到着するようにします。
生花の確認   生花の札順や置き場所、名前の間違えがないかなどを確認します。
手伝いの人に挨拶   時間前にいらっしゃるお手伝いの方に挨拶をします。
僧侶に挨拶   僧侶の方に挨拶をします。
式場に入場 5:45 15分前には式場内に着席します。
開式・僧侶入場 6:00 開式します。 読経焼香 読経と焼香があります。タイミングは寺院によって異なります。葬儀社がご案内します。
閉式・僧侶退場 7:00 閉式します
手伝いの人に挨拶   会計の方からお香典を引き継ぎ御礼の挨拶をします。
僧侶に挨拶   僧侶に今日のお礼を述べます 会食 通夜振る舞いの席に顔を出し、一通りお礼を述べます。
精進落しの人数確認   翌日の葬儀後の会食に出られる人数を確認します。決定した人数を料理屋さんに発注します。
弔電の選択   翌日に読む弔電を選択します(自宅に持ち帰っても構いません)。その際読み方を確認し振り仮名をふります。
会食の終了 8:30-8:45 会食を終了します。九時完全撤収なので片付け清掃の時間を取ります。
帰宅    

葬儀のタイムスケジュール
条件 民間式場/開式午後10時/出棺11時/3時完全終了/仏式/会葬者100人/天候ほどほどの場合/火葬場まで30分

葬儀(遺族のタイムスケジュール)
式場へ到着 9:30 最低でも30分前に到着します
手伝いの人に挨拶   時間前にいらっしゃるお手伝いの方に挨拶をします
僧侶に挨拶   僧侶の方に挨拶をします
式場に入場 9:45 15分前には式場内に着席します
開式・僧侶入場 10:00 開式します。 読経焼香 読経と焼香があります。タイミングは寺院によって異なります。葬儀社がご案内します
お別れ   棺の中に花を入れ最後のお別れをします
挨拶   会葬者にお礼の挨拶を代表者から述べます 弔電披露 弔電を読み上げます、あまり冗長にならないように
出棺 11:00  
移動    
火葬場到着 11:30 火葬します。火葬中に今一度焼香をし、控え室で時間まで待ちます。お茶やお茶菓子、御酒など飲んで時間まで休憩します
収骨 12:30 個人差があるので時間は一定しませんが大体一時間ぐらいで収骨です。
移動    
繰上げ初七日 1:00 繰上げ初七日法要を行います
初七日終了 1:15-1:30  
お礼の挨拶   喪主が親族に対しお礼の挨拶を述べます
献杯   献杯の声を掛けます
会食    
帰宅 2:30 会食を終了します。15時完全撤収なので片付けと清掃の時間を確保します。

実際はタイムスケジュール通り完璧に進行することなどありません。

しかし、葬儀社の人間が次に行うことをきちんとご指示しますので、予定した時間通りでなくとも心配する必要はありません。

しかし、トラブルとして意外と多いのが忘れ物によるトラブルや靴などの履き間違えといったことです。葬儀においては原則として、靴などを含む自分のものは自分自身での管理となります。また、喪主はしっかりと時間を意識するようにしましょう。

もし喪主が自分の友達とのおしゃべりなどで時間を忘れてしまっては、会葬者や親族もいい気持ちにはなりません。 「その日ばかりは、自分は葬儀の代表者」であることを自覚し、葬儀がスムーズに進行するように心掛けましょう。