棺に納める(納棺について)

納棺

納棺の日程は、遺体の腐敗の進行速度や、自宅に遺体が安置されている場合には棺の搬入が可能であるかなど、さまざまな事情を踏まえた上で考慮し、決定されます。

建物によっては自宅で納棺できない場合もありますので、その場合には遺体をそのままの状態で運び、葬儀場で納棺するといった方法を取ることもできます。

浄土真宗を除き、棺に納められる遺体には死装束を着せます。 白い経帷子を着せ、手足には手甲脚絆を付けます。そして白足袋とわらじを履かせるのです。わらじは結んで履くものですが、二度と帰らぬ旅に出るということでしっかりとかた結びします。三途の川の渡し賃である六紋銭を頭陀袋に入れて頭からかけ、手に数珠を持たせるようにします。昔はきちんと着せ替えをしていたものですが、現在では遺体処理にドライアイスが使われそのようなことが難しくなっています。そのため、遺体の上から経帷子をかけるだけになっています。

白装束

死装束

納棺はお別れの最後の儀式です。他人の任せるよりは出来るだけ家族で力を合わせて行います。何人かで協力して身体全体を支えるようにしながらそっと持ち上げ、ゆっくりと棺の中に寝かせます。体を棺に納め終えたら、そこに生前愛用していたものや好んでいたものなども入れてあげましょう。燃えにくいものや爆発する危険性があるものは避けてください。例えば分厚い本、ライター、金属製品、カーボン製品、ガラス製品、薬品、化粧品などは適しません。それを承知の上で入れてしまうと、後になって火葬炉の修繕費用を請求されるようなトラブルに発展するケースもあります。もし判断がつかない場合には、葬儀社に相談してください。また体内にペースメーカーを入れている場合にも申告していただく必要があります。
どうしても入れてあげたいものが燃えないものであるならば、お骨になった後に骨壷の中に入れるという方法もあります。小さなものであればそれも可能です。

 

ミニ知識 
皆さんがよく棺の中に入れてあげるもの<参考>

手紙、洋服、タバコ、お菓子、好きだった食べ物、手帳、原稿用紙、孫の書いた絵、好きな本など

もしもペースメーカーなどを入れてしまった場合

火葬炉の決まりとして禁止されているものを遺族が許可・確認なく棺に入れてしまった場合、火葬炉の損傷などの損害は遺族が賠償しなければならない可能性があります。また、遺骨が大きく変色するなどの遺骨に関するトラブルも発生し得ると考えられます。このようなことを避けるためにも、棺への副葬品はついては一通り葬儀社にチェックしてもらうようにしましょう。