葬儀の流れ

葬儀は地域や家庭、人によって必ず異なるもので、まったく同じ葬儀というのはひとつもありません。しかし、一般的な葬儀の流れを頭の中に入れておくと、いざ自分が葬儀を行わなければならないとなったときにも慌てずに対処することができます。その中でも抑えるべき重要なポイントを書き出してみました。参考にしていただければと思います。

葬儀の流れ 家族のすること
危篤
危篤
臨終の前に、故人が会いたい皆様に連絡をしてください。
※家族、親族に必ず連絡をするのが基本です。

臨終
臨終
医師に確認をしていただき、葬儀社に連絡を入れ、寝台車の手配をします。
遺体処置
処置
看護婦による処置後、ご家族の方で故人の口を少し湿らせます(「末期の水」と言います)
※医師に掛からず自宅で亡くなられた場合は、警察に連絡します
移動と安置 お迎え
病院から自宅、もしくは保管場所に移動します
※故人にとっても自宅に帰るのが一番よいかと思います
打ち合わせ 打合せ 会葬人数、日程、場所などを葬儀社の人とよく話し合い、予算に合わせて決定します。
※人数は確定しにくいですが、予想を立てて人数を導き出し見積書を提示して貰います。
連絡
連絡
寺院、式場の日程が確定したら、日時、場所を間違えないように連絡してください。
※基本的には出来る限り声をかけ、出欠についてはご本人たちに任せましょう。
納棺
納棺
ご都合、遺体状況に合わせて納棺します 。
※一緒にお棺の中に入れてあげたいものを用意してください。
通夜
通夜
ご会葬の方々のお相手が基本的なお仕事です。お花の順番を決めてください 。
※葬儀社で司会進行致します。どうぞご安心ください。
葬儀告別式葬儀 出棺の時に謝辞を述べます 。
※弔電、挨拶はあまり長くならないよう簡潔にまとめます。
火葬
火葬
式場より火葬場へ移動し、故人を荼毘にふします。
初七日
初七日
繰り上げ初七日法要です、これが最初の法事となります。
精進落し
精進落とし
食事をしてお疲れさま 。
※喪主さんは最後に一言お礼のご挨拶を。どなたかに献杯をしていただきましょう。