御香って?

お香といいましてもいくつかの種類があり、抹香、線香、塗香、練香などと呼ばれるものがあります。


「抹香」は香木を細かくしたものです。
抹香をさらに細かくし、粉末状までにしたものが「塗香」と呼ばれます。
さらに、「塗香」に水を加え、丸薬状にしたものを「練香」
「練香」を松やになどで練り固め、線状にしたものがおなじみの「線香」です。

みなさまも抹香や線香はお葬式でお参りするときに使われたこともあると思います。
焼香はそのよい香りを炊くことにより、仏前を清める意味があります。
ですので、仏式のお葬式でお香に火をつけてお焼香します。
焼香には抹香を焚く場合と線香をあげる場合がありますが
多数の参列者がお参りするお葬式や法事の殆どは、抹香を焚くお焼香になると思います。

お香を焚くことで、仏さまを供養する際その体や心の汚れを清める意味があります。
そしてもうひとつ、お香の香りが参列者たちの気持ちを落ち着かせるようにとの意味もあるのです。

他にも色々と意味があり、仏さまや故人のところに、参列者たちの気持ちを煙が運んでくれるとか、
仏さまの食べ物とも言われることがあります。

もともと、お葬式で焚くお香は参列者たちが持参するのが習わしでした。
自分でお香を用意できないときなど、お香の代わりにお金を持っていったのが「お香典」の由来です。