妊婦のお葬式(言い伝え)

割引

「妊娠はお葬式に出てはいけないと聞いたことがあります。現在妊娠中なので、参列しないほうがいいのでしょうか?」こんな質問をよく受けます。

「妊娠中はお葬式にでてはいけない」、「妊娠中は火葬場に行ってはいけない」このようなことが言われることはあるようですね。

しかし、妊娠中であったとしても、家族や近しい人に不幸があれば、最後のお別れに行きたいと思い、困ってしまう方もいると思います。
行ってもいいですよ。

昔から「妊婦がお葬式にいってはいけない、火葬場に行ってはいけない」というのには現代と事情が異なることからの理由があるのです。

昔のお葬式では、女性が何時間も炊事したり、他のことについてもお世話したりと大変な労働をしなければなりませんでした。昔ながらの大家族の中で、出産する年齢の女性というのは体を大切にしなければならないと考えられていましたので労働を免除するために生まれた風習ではないかとも考えられています。

また、その他の理由として考えられるのは「遺体から遠ざけること」です。昔はドライアイスなどもありませんから、遺体はどんどん腐敗していきます。それは疫病の感染源となってしまい、それを死の穢れとして恐れたのでしょう。まだウィルスや病原菌などの存在は考えられなかった時代のお話です。

「悪い霊の仕業」だとされたのですね。

そんな「悪い霊」から、妊婦や生まれてくる子供を守るために葬式・火葬場・墓場に行かないほうがいいよ、という知恵だったのではないでしょうか。
医学も科学も発展していない時代には、大変意味のある風習だったといえるでしょう。

割引

 

ちなみに、この迷信にもちゃんと抜け道があります。

お腹に鏡を巻きつけておくと、鏡が悪い霊を跳ね返すから大丈夫とされていますしお腹に赤い布を巻きつけておくと、悪い霊がお腹に入ることができないとも言われています。
妊娠中に誰かの葬儀に出ることになり、もし迷信にこだわって出席しないほうがいいと言われたら
「葬儀屋さんが、お腹に鏡を入れておけば大丈夫だといっていたよ」とお伝えください。迷信には迷信を。僕が怒られて済むのなら、そうしてもらえばと思います。

現代は現代ですから。現代の考え方で妊婦の方も安心して葬儀に参列し、火葬場のお見送りにも参加していただきたいと思います。
もちろん、妊娠中は妊婦さんの体とお腹の赤ちゃんのことを一番に考えるべきですから具合が悪くなったら席を外して休んでくださいね。