逆縁とは?

割引

「逆縁」とは、親より先に子供が亡くなる場合のことを言います。
何事もなく人生を過ごせたのであれば、親が先に亡くなり、その後に子が亡くなるというのが
一般的な順序となります。

しかし、順番が逆になるということで、

「逆縁」と言う言い方をするのです。


逆縁の場合、親が火葬場に行ってはいけないという風習があります。
これは、子を失った親の心中を考慮して、親を苦しませないようにとの配慮から言われることです。

時代は移り変わり、超高齢化社会となった現在では 100歳近い親が子供を見送ることも珍しいことでなくなりました。

しかし、親心としては、子供の最後を見送ってあげたいと思うのも当然でしょう。

悲しいことですが、もし子供が若くして病気や事故などで命を落とした場合 やはり親がそばにいて見送ってあげたほうがいいのではないでしょうか。
個人的にはそう思います。

子供が幼くても老齢であっても関係なく、 親にとって子供を亡くすことというのは想像に耐え難い辛さです。

かといって、親の見えない場所でお別れを終えてしまうというのも 心の奥底で子供の死を認めないままの状態になってしまい なかなか平常心に戻れなくなってしまう可能性もあります。
きちんと見送ることは、きちんとお別れをすることでもあります。

このような心理的側面を鑑みても、最近は親御さんも逆縁でも 火葬場に同行することが多くなってきました。

しかし、これは一般的な傾向であり、総てに当てはまるわけではありません。
最も尊重されるべきは、その本人の意思なのだと僕は思います。


高齢の方の場合は、強いショックから体調を崩すこともあります。
やはり、状況を見てのさじ加減が大切です。

風習とは、今も昔も、 どうすることが一番そのひとにとってよいことなのかという気遣いから生まれ、
存在し続けるのだと思います。