社葬の種類

割引

合同葬
主宰者が遺族と会社の両方になる葬儀のことを言います。
一般の葬儀と同じで、通夜の後に告別式となります。
社葬と合同という形ですので、参列者には会社関係の方と、個人的なお付き合いのあった方とが混在します。

会社の方々は、会社付きあいのある取引先や会社として無礼があってはならない方にだけに注意を払うのでなく、遺族の親戚や故人の個人的な友人にもきちんと気を配っていただきたいと思います。

費用については、場合によって異なりますので一概にご説明できません。

同族会社では、遺族と会社が重なりますのでこの合同葬がよく選ばれる形となります。費用の面では、会社が単独で負担するより少ない金額で社葬を行うことができます。

個人葬で密葬を行い、その後社葬を行う場合
まず、家族が主催する個人葬を密葬という形で執り行います。

その後、
通常は、2週間から4週間ほど間を置いて、社葬を行います。

社葬を行うまでの間に、会社として取引先や関係者へ連絡したり、葬儀の準備を行ったりします。
費用については、個人葬と社葬とを分けて行うものの、個人葬の部分も会社の意向を反映して行う面があり、会社は社葬だけでなく個人葬に関してもある程度負担する場合があります。
葬儀を行うことにおいては、全てにおいてとにかく逐一確認を行うことが基本ですね。

個人葬、その後ホテルなどで偲ぶ会(お別れ会)を行う場合
まずは通常の個人葬という形で葬儀を行います。

その後、会社の主催として偲ぶ会(お別れ会)を行います。会場はホテルなどで、形式は祭壇を飾り弔辞の披露や献花を行う儀式的なものや、会食を中心としたパーティー形式などを選ぶこともできます。

このような葬儀は現在殆どの有名ホテルで行うことができます。しかし、ホテルに遺体を持ち込むことは禁止されているため、お骨でのお葬式ということになります。故人の顔を見ることができないという点でデメリットがあります。

費用についてですが、偲ぶ会は基本的に会社が全額を負担することになります。しかし、香典を受ける事もできますし、会費制にするなどのアレンジも効きます。出欠を確認する機会が多く、人数がはっきりするので葬儀の規模を簡単に予測できるという点がメリットとして挙げられます。
以上、大きく分けて3種類の社葬をご紹介しました。呼び名についてはこの限りではありませんのでご注意ください。