神道の葬儀での弔電

弔電

結論から言うととても簡単なことです。

神道の弔電は、
神道式ということで何か特別なことがあるのかと言えば特にないのです。

つまり、一般の弔電と同じように、NTTの普通の定型文をお願いすれば大丈夫なのです。

 

神道式の葬儀(神葬祭)と聞くと、数も少なくなかなか馴染みがないので
特別だという印象を持たれるかもしれません。

しかし、「神道」という宗教自体は仏教より古くから日本に存在する宗教で
決して他からやってきた未知のものではありません。

主催する人(喪主)については確かに仏式と少し異なる点に注意する必要がありますが
参列者については普通の仏式と同じような感覚で構わないのです。

違いといえば、お焼香でのお参りではなく
玉串をお供えするというものになることくらいでしょうか。
そしてお数珠が必要ないということも違いますね。でもそれくらいのことです。

お花を送ったり、弔電を打ったりすることは、
仏式と同じように行われることですね。