神道の葬儀でのお参りの仕方

玉串奉奠(ほうてん)

仏式の葬儀では、必ず霊前へのご焼香が行われます。

しかし、神道では異なり、お葬式でお焼香が行われません。

別のことが行われます。
神式のお通夜・葬儀・法事では、玉串(たまぐし)と呼ばれる葉の付いた枝を神前にお供えします。これは「串奉奠(たまぐしほうてん)」と呼ばれます。

聞き慣れないものだと思いますので、よく覚えておいてください。 それでは玉串のお供えの仕方を解説します。

玉串奉奠の作法

1、玉串を受け取る 2、お供えします 3、このような向きでお供えします
両手で玉串を受け取ります 根元が向こうを向くように
時計回りに持ち替えてまわして
根元が向こうを向くようにしてお供えします
4、台にお供えしたら・・ 5、音を立てずに 6、最後に一礼
まず二回礼をしてください 次に、音を立てないように
二回拍手します
最後にもう一回礼をしてください

玉串をお供えした後のお参りは、神社などに行った時にも行う「二礼二拍手一礼」なのでご存知だと思うのですが、お葬式の時には音を立てずに行います。これを「忍び手」といいます。

一人だけ音を立ててしまうととても目立ってしまいます。恥ずかしいので気をつけて行うようにしましょう。