神葬祭のお戒名

霊璽

仏式では、お寺から「戒名」をいただきますが、
神道の場合はそのようなものはなく、神様と親から授かったと位置づけられる現在使っている氏名がそのまま「みたま」の名前になるのです。これは大きな違いですね。

ですから、特別に「戒名料」のような料金がかかることもありません。
お戒名のようなランクもありません。
最近、神葬祭の人気が出てきた理由はこのあたりのことが要因なのではないかと思います。

霊璽(レイジ)仏式の「位牌」に当たるものですカバーがついていて中の板に名前を書きます

神道の信者さんのことを「氏子さん」と言います。氏子さんが亡くなった場合、

氏名+大人(刀自)という風に、神主さんが名前をつけてくれます。

例えば僕の場合でしたら、「信顕大人命」(のぶあきうしのみこと)となるわけです。
下に一覧を添付しますので、参考にしてください。

男性 大人(うし) 男子 彦(ひこ)

女性 刀自(とじ) 女子 姫(ひめ)