神官さんへの依頼

割引

葬儀を頼む場合は、神官さんに依頼しましょう。

STEP1、まず電話でスケジュールを確認する
神社がいつ葬儀に対応できるか確認する必要があります。まずは日程が大丈夫かどうか、神社に電話を入れて確認を取りましょう。

葬儀が行える日程は、「神官さんが葬儀に来ることができる日」ということになります。「ご都合の悪い日と時間を教えてください」とまず神官さんのスケジュールを把握することにしましょう。それから葬儀の日程を決めましょう。

STEP2、(余裕があれば)挨拶に伺う
もし時間的に余裕があれば、神社に直接出向いてご挨拶をするほうがより丁寧でしょう。出向いた際には故人の生まれや学歴、趣味、家族構成、人柄、などを尋ねられると思います。それらは葬儀のとき読み上げられます。

その場で答えられなかった質問についてはメモして持ち帰るようにしましょう。
このご挨拶のときは、菓子折りなど持たずに手ぶらで出向いて大丈夫です。

STEP3、御礼の金額を神官さんに聞きましょう
神道の場合、戒名がないので特にランクのようなものはありません。神社によっては規定がありますので、「全部でお幾らぐらいのお礼(奉納)をすればいいのでしょうか?」とざっくばらんに聞いてみてください。

「お気持ちで」と言われたならば、世間相場的には30万円から40万円ぐらいが相場だと思います。

難しく考える必要はありませんので、落ち着いて行動するようにしましょう。
葬儀の基本は常に「一つ一つ確実に」ということです。