表書きにこまったら

筆

葬儀や法要、宗教儀礼、形式などによって、お金を包む時選ぶべき「表書き」があります。しかし、それはあくまでも「一応決っている」といった程度のもので、絶対的な決まりというものは存在していません。地域で異なる場合もあり、一概にどうするのがよいとは言えないのです。お葬式や法要がそう頻繁にあるわけではないので事細かに知る必要もないと思います。ここでは一応の目安となるガイドラインとしてひととおりをご紹介しましょう。

葬儀・お通夜に参列するとき

仏式 仏式
表書き 表書き
お葬式やお通夜に参列する方がお金を包む際に使います。これは仏式、神式、他宗教に共通して使えます。参列するとき主催側の宗教宗派を事前に確認して持参する方は珍しいので、とりあえず多くに通用するこちらで包んでくるということになります。中身が大切ですので、その包みに多少違いがあっても差し支えないのです。 こちらも多くの形式や宗教で使うことができます。あまり販売されていないパターンなので、見かけることは少ないかもしれません。


神式 キリスト教式
宗教が神道の場合、本来このように書きます。
「お焼香」を上げるのではなく、「玉ぐし」を供えるのが神道です。

こちらもあまり売られていません。
キリスト教の場合はこちらです。
水引はついていないもののほうが多いと思います。


例えば浄土真宗の考え方では、亡くなった方は早いうちに成仏されますので、「ご霊前」と書くのは違うかもしれないと思うこともあるでしょう。しかし、お金をきちんと入れて名前まで書いたご霊前の袋を自宅ですっかり用意してから葬儀場に行く方々が殆どで、その場で直すというわけにもいきません。みなさん同じ状態ですし、あまり気にせずご霊前の袋を出すでしょう。

宗教的につきつめた場合、浄土真宗やキリスト教ではもっと別のきちんとしたものがあるかもしれません。
しかし、通俗的には十分に通用しますので、あまり心配せずにお渡ししてください。

販売されているものには水引(白黒の紐)がついているものと、紐の絵が印刷してあるだけのものとがあります。
紐つきは立派に見えますが、受け取る側からすると印刷のほうが、多数のお香典をあけて集計するなどの時に
扱いやすいと思われます。簡易な印刷のもののほうが受付や会計の方にとっては親切です。

僧侶に渡すお礼
まず仏式の場合に限ってお話しましょう。
お布施や、お経料、戒名代など、細かく言えばいろいろなものがありますが、現在はお寺に渡すお金はすべて「お布施」という名称でまとめられるようになりました。どこでも通用するでしょう。ただしお車代とお膳料はグレーゾーンです。はっきりと決められていません。

このふたつは、もともと「車馬賃」と呼ばれていたもので、僧侶の方への思いやりの気持ちから発生したお金です。お葬式に来る僧侶の方がおなかを空かせて来ることのないように、「このお金で食事をしてください、そして疲れないよう馬に乗ってきてください」という心遣いだったのです。
しっかりとお経を読んでいただくためにも、きちんと食べてきていただかなくてはなりませんからね。

これが、やがて僧侶の方に渡す交通費と寸志のふたつを表すようになり

それぞれが「お車代」と「お膳料」とになりました。
また「お布施」は寺院全体の収入となるので、来てくださったお坊さん個人のものになるわけではありませんが
お車代とお膳料は「寸志」と言って、「心ばかりの贈り物」として扱われ、直接来てくださったお坊さんのものとなります。
実際にお世話になったお坊さんそのひとに渡す「寸志」という意味があるのです。

基本的に「お経料」「戒名料」などとは呼ばれません。
お寺さんに渡すお金はすべてこの名称で統一されます。葬儀のみならず法要でも同じです。
「お車代」は、お寺さんの交通費と寸志の意味があります。(5000円から10000円くらいが妥当だと思います。)
お寺さんが食事をせずにお帰りになる場合などに包みます。(これも5000円から10000円ぐらいが妥当です。)

お車代について補足ですが、お寺さんの移動にこちらでハイヤーを手配する場合には別にお車代を出す必要はないと思います。
距離によってはハイヤー代のほうが高くなるのではないでしょうか。

その他の宗教者へのお礼

神道 キリスト教
仏教でいうところのの「お布施」に当るものです。 同じく、仏教の「お布施」と同じ意味です。


以上のようになります。

慣例的にこのような感じで決まってはいるのですが、一般の方々がこの決まりをしっかり守ることができているかというとそうでもありません。何が正解で何が間違いかが判断できる方も少ないので、もし間違いだとわかったならば「すいません、勉強させていただきました」とお詫び申し上げれば済んでしまいます。ですから、ここで僕がご説明したことをきっちり覚えなければとがんばる必要はありません。頭の片隅においておけばよいのです。

お金を渡すタイミング

このようなお金はいつどんなタイミングで渡したらよいのかと考えてしまうでしょう。
結論からお話すると、いつでも構わないのです。
もちろん厳密に言えばある程度の決まりがないわけではありません。お葬式を終えたその翌日、お布施を持ってお世話になったお寺を訪ね「お世話様でした」と菓子折りに乗せてお渡しするのが正式なやり方です。しかし、なかなかそのような時間を割くことはできませんので、お寺さんが来てから帰るときまでの間に渡すのがよいと思います。渡しやすいタイミングとしては、お寺さんがいらっしゃってすぐか、あるいは帰り際のどちらかだと思います。