葬儀の表書き ご霊前?ご仏前?

表書き

「ご霊前」と言ったらよいのか、「ご仏前」と言ったらよいのか。改めて考えるとはっきりとわからない方のほうが多いのではないでしょうか。 今回は「表書き」を書く際、いつまでが「ご霊前」でいつからが「ご仏前」となるのかのお話をしましょう。

「ご霊前」と書くのは、文字通り故人がいわゆる「霊」の状態となっているとして考えられている間にお備えする場合です。それに対して「ご仏前」は、「仏」様に対してということになります。焦点として考えるのは 霊から仏になる瞬間とはいつなのか、ということでしょう。

それは、諸説あるものの、一般的には49日の忌明けをもって仏様に変わると考えられています。

この考えは宗旨宗派に基づくものというより、日本仏教的価値観の習俗(日本人が一般的に持つ死後の世界観)によるものではないでしょうか。

「亡くなった方は最初に三途の川に辿りつき、渡し賃として6文を払ってその川を渡る 白装束で仏様の国(極楽浄土)まで旅をして、七日ごとに仏様によるお裁きを七回受ける 最後待つのは閻魔大王のお裁きであり、嘘をつけば舌を抜かれてしまうという罰がある 嘘による罪人となってしまっても、現世の人々が心から供養すれば、大目に見て貰えたりなどもする そしてやっと仏様の国に到着すれば仏様の弟子となり、あの世からこちらの世界の家族を見守る仏となる」 だいたいこのような内容が、死後の世界のこととして一般的にお話されているのではないでしょうか。

だとすれば、裁きの後仏様の国に到着する49日を仏に変わる瞬間として考える、それが自然なことだと言えるでしょう。

49日まではご霊前、49日を過ぎたらご仏前、このような考え方でよいと考えられます。

一般的には納骨も49日に行われますので、納骨の法要をきっかけにご仏前と呼ぶこともできます。

しかし、これはあくまでも一般的な考え方であって、他にも別の考え方があって当然だと思います。 そしてその考え方の違いにより、地域の風習も違ってきます。自分の地域や自分自身の考え方だけを押し付けず、おのおのの考え方を尊重することが大切です。

どちらにしろ、大切なのは贈り物としての存在ですし、その中身に違いがないのであれば十分なのではないかと思います。