逆引きお香典相場

御香典

お葬式に出席する時のマナーとして、やはりお香典の額をどれくらいにしたらよいのかというのは特に気になることでしょう。本来気持ちとしてのものお葬式に出席する時のマナーとして、やはりお香典の額をどれくらいにしたらよいのかというのは特に気になることでしょう。本来気持ちとしてのものですから、金額はいくらでも構わないものです。経済活動とは別のところにあります。気持ちのことをあまりにも具体的な金額に結び付けて考えるのは、少し悲しいものです。

ただ、「マナー」として考えると、香典を出す者としてはある程度具体的な金額がないと失礼にあたるのではないかと心配になってしまいます。
統計データなどから平均的な金額を知るのも一つの手法ですし、経験のあるまわりの方々に尋ねて金額を併せてみるというのも一つの方法だと思います。

具体的なやり方について知りたいという方は、他のサイトで答えを探してみてください。ここで書くまでもなく丁寧に解説されていると思います。

正直なところ、「あまり高額になっても困るし、あまり少なくてもやはり恥しい」という感覚がつきまとうのではないかと思います。
ですから、近しい人々に相談していただいたり比べたりして、足並みを合わせるというのが一般的なところなのですが

今回はもっと掘り下げ、立場として逆から考えて「葬儀を主宰する家は、一人の人をお葬式で歓待するために一体どのくらいの費用をかけるものなのか」という側面から結論を導きだしてみたいと思います。他のサイトでこういう計算を見ることはあまりないのではないかと思います。

葬儀において返礼品会葬御礼と当日返しと言う方法がありますが
今回は会葬御礼をして49日に香典返しをするというやり方を選択したということで換算してみます。
お通夜の歓待に料理が振舞われることも計算に入れ、いくつかのモデルケースをみてみましょう。

※会葬御礼は返礼品の渡し方をご覧ください


お通夜に会葬して通夜振る舞いを受けるケース

お通夜料理(一人当たり)¥3,600-・飲み物代¥500-・会葬御礼¥850-・香典返し(お香典額の1/3)¥1,500-合計¥6,450-

お通夜に会葬してお焼香だけして帰るケース

会葬御礼¥850-・香典返し(お香典額の1/3)¥1,500- 合計¥2,350-

お通夜に会葬して通夜振る舞いを受けて、告別式にも会葬御礼を受けるケース

お通夜料理(一人当たり)¥3,600-・飲み物代¥500-・会葬御礼¥1,700-・香典返し(お香典額の1/3)¥1,500- 合計¥7,300-

お通夜に会葬して通夜振る舞いを受けないで、告別式に会葬御礼を受けないケース

会葬御礼¥1,700-・香典返し(お香典額の1/3)¥1,500- 合計¥3,200-

お通夜に会葬して通夜振る舞いを受けて、告別式にも会葬御礼を受けて、初七日を経て且つ精進落としに出席をするケース

お通夜料理(一人当たり)¥3,600-・飲み物代¥500-・会葬御礼¥1,700-・香典返し(お香典額の1/3)¥1,500-・精進落とし¥3,500-・飲み物代¥500- 合計¥11,300-

パターン別で見て、以上のような金額を葬家が負担すると想定することができます。もちろん、実際はお香典の金額も一律ではありません。物の内容やお香典返しの予算によっては変動し、一概にこの金額であると決め付けることはできません。また、お香典は気持ちを表現して包んでいただくものなので、本来は「香典でこれくらい出費を補うことができる」などと考えるものではありません。それよりも、どんな気持ちを持って会葬し、どのようにもてなすかを個々で自由に考えることが大切です。もちろんお金についてある程度考えるのは大切なことですが、最後に残るのは気持ちです。満足のいくお葬式であったかどうか、しっかりお別れに集中できたかどうか。その結果、「よいお葬式だった」と言えるほうが、お金うんぬんよりもずっと大事な事ではないかと思います。

それを忘れてしまうと、豪華な食事を振舞っても、どう返礼品を渡しても、結局「弔う」という事以上でも以下でもないわけですから。

ただし、金のことを忘れろと言っているわけではありません。お金の面もきちんと機能することで、より「いいお葬式」を実現できるのだと思います。

ですから、金額はいくらでも構わないものです。経済活動とは別のところにあります。気持ちのことをあまりにも具体的な金額に結び付けて考えるのは、少し悲しいものです。</
ただ、「マナー」として考えると、香典を出す者としてはある程度具体的な金額がないと失礼にあたるのではないかと心配になってしまいます。
統計データなどから平均的な金額を知るのも一つの手法ですし、経験のあるまわりの方々に尋ねて金額を併せてみるというのも一つの方法だと思います。

具体的なやり方について知りたいという方は、他のサイトで答えを探してみてください。ここで書くまでもなく丁寧に解説されていると思います。

正直なところ、「あまり高額になっても困るし、あまり少なくてもやはり恥しい」という感覚がつきまとうのではないかと思います。
ですから、近しい人々に相談していただいたり比べたりして、足並みを合わせるというのが一般的なところなのですが

今回はもっと掘り下げ、立場として逆から考えて「葬儀を主宰する家は、一人の人をお葬式で歓待するために一体どのくらいの費用をかけるものなのか」という側面から結論を導きだしてみたいと思います。他のサイトでこういう計算を見ることはあまりないのではないかと思います。

葬儀において返礼品会葬御礼と当日返しと言う方法がありますが
今回は会葬御礼をして49日に香典返しをするというやり方を選択したということで換算してみます。
お通夜の歓待に料理が振舞われることも計算に入れ、いくつかのモデルケースをみてみましょう。

※会葬御礼は返礼品の渡し方をご覧ください

お香典の金額は仮に¥5,000-で計算しています


お通夜に会葬して通夜振る舞いを受けるケース

お通夜料理(一人当たり)¥3,600-・飲み物代¥500-・当日返し¥5,000- 合計¥9,100-

お通夜に会葬してお焼香だけして帰るケース

当日返し¥5,000- 合計¥5,000-

お通夜に会葬して通夜振る舞いを受けて、告別式にも会葬をするケース

お通夜料理(一人当たり)¥3,600-・飲み物代¥500-・当日返し¥5,000- 合計¥9,100-

お通夜に会葬して通夜振る舞いを受けないで、告別式に会葬をするケース

当日返し¥5,000- 合計¥5,000-

お通夜に会葬して通夜振る舞いを受けて、告別式にも会葬をし、初七日を経て且つ精進落としに出席をするケース

お通夜料理(一人当たり)¥3,600-・飲み物代¥500-・当日返し¥5,000-・精進落とし¥3,500-・飲み物代¥500- 合計¥13,100-

パターン別で見て、以上のような金額を葬家が負担すると想定することができます。もちろん、実際はお香典の金額も一律ではありません。物の内容やお香典返しの予算によっては変動し、一概にこの金額であると決め付けることはできません。また、お香典は気持ちを表現して包んでいただくものなので、本来は「香典でこれくらい出費を補うことができる」などと考えるものではありません。それよりも、どんな気持ちを持って会葬し、どのようにもてなすかを個々で自由に考えることが大切です。もちろんお金についてある程度考えるのは大切なことですが、最後に残るのは気持ちです。満足のいくお葬式であったかどうか、しっかりお別れに集中できたかどうか。その結果、「よいお葬式だった」と言えるほうが、お金うんぬんよりもずっと大事な事ではないかと思います。

それを忘れてしまうと、豪華な食事を振舞っても、どう返礼品を渡しても、結局「弔う」という事以上でも以下でもないわけですから。

ただし、金のことを忘れろと言っているわけではありません。お金の面もきちんと機能することで、より「いいお葬式」を実現できるのだと思います。