袱紗(ふくさ)の包み方

僕は葬儀屋ですから、葬式や法事のときの包み方だけ説明しますね。

面倒なわけじゃなく、それしか知らないんです。

以前、友人の結婚でお祝いを蝶結びの水引の袋で渡してしまって大恥をかいたことがあります。
結婚式は「結びきり」なんですね。知りませんでした。

結婚式が苦手というわけではないんですけれど、とにかくあまりよく知らないのです。

さて袱紗(フクサ)についてご説明しましょう。
フクサとは、お金を包む「ミニ風呂敷」だと思っていただければよいと思います。 香典袋そのままで渡すのが失礼だから、これに包んで渡すというわけです。

お葬式や法事のときのフクサの包み方ですが
下の図を参考にやってみてください。

まず、図のようにフクサの上に香典袋を置きます。
次にフクサを右、下、上の順に折り、最後に左側を折ります。はみ出た端の部分を裏側に折って包み込みます。香典を差し出すときは、包んだのと逆の順序で丁寧に開き、香典袋の表書きが相手に読めるように向けて渡しましょう。
フクサにもいろいろな色、柄のものがありますが、葬儀関係では派手なものでなければ使うことができます。紫の無地なら慶弔両方に使えますのでひとつ持っていると便利です。

袱紗包み方 矢印 袱紗包み方 矢印 袱紗包み方 矢印 袱紗包み方 矢印 袱紗包み方

フクサの色の種類はたくさんありますが、葬儀や法事では紫の無地のものが無難ですし、基本的なものとして考えられています。
渋めの金襴も見栄えがよいですね。


台付 フクサ(少し高級品です)TD>
いいフクサにはお金が折れないように板がついているものもあります。しかし折り方は同じです。

財布型フクサTD>
折り方をいまいち覚えられない方には財布型のフクサが便利です。袋状になっていますので、簡単に出し入れすることができます。