佐藤葬祭

棺に入れてあげるもの

故人との最後のお別れで、皆さん好きだったものを入れてあげます

もちろんお花を手向けるわけですが、そのほかにもいろいろ好きだったものを
入れてあげます。

よくいれるものが、故人の好きだった食べ物や洋服
趣味のものですね。

孫の手紙って言うのもメジャーなところです

一度液晶テレビを入れられそうになったときは
さすがにあせりました(^^ゞ汗


昔、あるしごとで
亡くなったおじいちゃんは、おばあちゃんとよく囲碁を
打っていたました

おばあちゃん、囲碁の盤に目をやり
「碁石入れてあげたいねぇ」とつぶやいておりました

でも、碁石は石ですので焼くと火葬炉の中で焼けて
はじけて火葬炉を傷めてしまいまいます

心苦しくてもおばあちゃんにそのことを伝え

おばあちゃんは一言

「しかたないねえ・・」といいました

とても寂しそうでした


結局、私が納得行かなかったんでしょうね
打ち合わせが終わって、結局足はおもちゃ屋さんに進んでいて

おもちゃの碁石はないかときょろきょろしていました

マグネット付のやつしかみつからない

マグネットは、火葬夫さんに聞いた話だと
磁石は入れるとくろいつぶつぶが骨についてしまうらしく
使えません・・・

どうしたもんだろうな?と悩んでいたんですが


解決方法は意外と簡単でした


「ああ、作ればいいんだ・・・」

気がつくまで、おもちゃ屋で悩んで二時間
私、あんまり頭がよくなかったです(笑)


かるい紙粘土という、ふわふわの紙粘土が見つかったので
それと絵の具を買い求め店に戻って


実際やってみると、えらい細かい作業で
こちょこちょとちっちゃい碁石を紙粘土で
白と黒を作っていました

碁盤も、ボール紙で作って

翌日、そのおばあちゃんに見てもらいました


「よかったねえ、おじいさん

葬儀屋さんがね、碁石用意してくれたから

これで向こうでも出来るよ?

あたしが向こうに行ったら

一緒に打とうね」

なんておばあちゃん、まるで子供のようでした


そのとき、ボクは柩に入れてあげるものは
物ではないんだということを知りました

碁石って形をした
おばあちゃんの気持ちなんだ
ということがわかりました

昔、こたろうさんという人に教わった

「形は気持ちにならないけれど
気持ちを形にこめることはできるよ」


という言葉が本当の意味を知ったような
気がしました

みなさんは愛する人が亡くなったとき
一体柩には何を入れてあげますか?

トップページへ戻る