湯灌

寺院 佐藤葬祭ではお湯を使って行う湯灌というものを推奨しておりません。お亡くなりになった故人様の死後変色や変化を進めてしまうかもしれないからです。

どうして変化を進めてしまうのか?
お亡くなりになった方は、死後の変化が始まってしまいますので出来るだけ早くドライアイスでの処置をした方が死後の変化を遅くすることが出来きます。


古式湯灌

遷霊祭・葬場祭

古式湯灌というのは、清拭ともよばれお体を湯船に浸すというわけではなく固く絞ったタオルでお体全身を拭き清めていくという事を言います。病院や老人ホームでお亡くなりになった場合には病院の看護師や老人ホームの場合には介護士さんがやっていただけることが多いです。
病院やホームで行われていない場合にはご自宅などで行うこともあります。

古式湯灌料金 75,000円

湯灌

通夜告別式読経

湯灌というのは、故人様を入浴させお体をきれいにする事を言います。(風習事なので地域によっては湯灌というもの自体がない地域というのもあると思います。)

昔はご自宅の湯船で入浴をいただいていたのですが今は専用の湯灌車両がお伺いしバスタブをお持ちして故人様を湯灌する場合が多くなっています。

湯灌料金 100,000円