お客様とのお約束

弊社 佐藤葬祭 ではお客様が「よい葬儀」をあげる権利を持つものと考えます。当然、そのお客様がもつ「良い葬儀」をあげる権利を最大限尊重しなくてはならないものです。

ここに、お客様の持つ次の権利を最大限尊重することを、お約束させていただきます。

お客様の知る権利の尊重

お客様はどんな葬儀の方法があるか、どんな状況が自分に一番ふさわしいのか専門家からの情報提供を受ける権利がございます。葬儀社の都合ではなく、お客様の立場にたって、出来うる限りの情報提供をすることをお約束いたします

価格・料金を選択する権利の尊重

お客様は購入やサービスの使用にあたり事前に、その金額を知る権利があります。見積書を事前に明示はもちろん、事前相談などでも概算だけのお見積りでも

お客様の意思決定が尊重される権利

葬儀の決定において、お客様の意思は最大限尊重されるものです。一人一人の個人様へのご希望に対して耳を傾け最大限の尊重をすることをお約束します

アフターフォローを受ける権利

葬儀が終わっても、煩雑な手続き、慣れていない葬儀後の宗教行事などに対してアフターフォローを受ける権利があります。その権利を尊重し、葬儀のご相談やご質問をお受けしまして最大限対応させていただきますことをお約束いたします。

遺体の尊厳を守られる権利

葬儀の本質の一つに遺体の処置があります。亡くなってしまった人を尊い人として、防腐、遺体処置を専門家として提供させていただくことをお約束いたします。

信仰を尊重される権利

現代の日本では、さまざまな信仰が許されています。一人一人の信仰(無宗教も含め)当然尊重されるべきものです、家族の中でも個人個人で信仰が異なることも珍しい事ではなくなってきました。家族の信仰、ひいては一人一人の信仰がとても大切なものです。ここでこの権利を守ることをお約束いたします

リスク把握の権利

葬儀は行ってみるまで不確定な要素が多分にあります。お客様の選択が、どのようなリスクまでに対応できるか、分かりやすく知り、選択するために、リスク範囲を知る権利があります。この権利を尊重するために、葬儀の選択がどのようなリスクまでは対応できるのかを、分かりやすくご説明させていただきます。

人として尊重される権利

お客様である前に、一人の人間として大事にされることが大切です。慇懃無礼に丁寧に扱われて、言葉だけ持ち上げられる事よりも、一人の大切な人間として友人として縁の合ったものしてお客様を一人の人として尊重する事をお約束します。

一つ一つの旅たちが、どうか善いものになりますよう以上の事をお約束させていただきます。